あなたはできてますか?融資の審査を勝ち抜く方法をレクチャーします

あなたはできてますか?融資の審査を勝ち抜く方法をレクチャーします

ビジネスローンの審査が銀行より緩い事は分かったけど、やっぱりまだ不安があるな、、、

という方はおそらく大事な事が抜け落ちていると思います。

今回は、融資を勝ち抜いて審査を通り抜け、融資を受けられるようになるための方法について簡単にお伝えしようと思います。

ビジネスローンの融資を勝ち抜く方法はこれだ!

ビジネスローンの融資すら、今の実績と経営状況だと通るかどうかわからない、、という人はまずこちらを見ていましょう。

今まで審査を勝ち抜いた人に共通している事

それでは、実際に厳しい状況でもビジネスローンの審査を勝ち抜いて通ってきた人たちは、何が違うのでしょうか?

ビジネスローンの審査で何が一番求められるかを知れば、その答えは自ずと見えてきます。

それは「経営者の返済能力」と言えるでしょう。

ビジネスローンは、銀行と比べて審査が甘いのは事実ですが、それでもなお、ビジネスローンを希望する人が全員審査を通るなんて事は、まずありません。

銀行と比較して緩いというだけで、依然として多くの項目をチェックします。

その審査の内容は、主にその人が信用できるか?という点です。

個人のクレジットカードで滞納履歴がないか、税金をちゃんと支払っているか、という点ですね。

こう言った点がまずい状況だと、やはり厳しい状況になるでしょう。

逆にいうと、過去に審査を潜り抜けてきた人はこれらの支払い履歴や滞納に問題がなく、支払い能力ありと判断された人たちです。

審査項目は出回ってませんので、これらの先人たちが、どのように勝ちを納めてきたかは大いに参考になるでしょう。

現在借入しているものがあれば返済してから挑もう

その人の返済能力を確認することの1つに、その人が今までどんな借入をしてきた事はもちろん、どのように返済してきたか?も重要な指標になります。

それを確認することの1つに、クレジットヒストリーという考え方があります。

それは、その人が今まで借入、返済してきた履歴を残した者もので、かくカード会社はそれらを統括するセンターに、その人の履歴を登録しています。

そのため、あなたは知らなくても必ずその履歴が残っています。

それを融資の時に見られるわけですが、、何を確認するのでしょうか?

その中の1つに、その人がちゃんと返済したか?を確認します。

あなたが借りっ放しの人間だと、誰も貸してくれませんよね。

そのため、ちゃんと借りたものは返す人間ですよ、と示す事が大事であり、あなたがもし今まで借りた金額を返せない、例えば車や何かの買い物で使った資産などがあるのでしたら、先にそれらをきちんと返済する事が大事です。

人の信用というのはシンプルで、単純に、小さなものでも滞納している人は信用がないと見られ、逆に金額が少なくても100回借りてちゃんと全部において返済しているのであれば、その人は「信用できる人」とみなされます。

実際はどうであれ、とにかくビジネスローンで融資を借りる際は、信用を勝ち取る事が最優先なので、この点はちゃんと留意しておきましょう。

とにかくまずは信用を勝ち取る事

上記にも記載しましたが、とにかく融資の審査の際は信用を勝ち取る事が重要です。

ビジネスプランや今後の返済方法、過去の履歴等も重要ですが、まずはこれに注力してください。

その信用の1つには、その人の人格面も大いに影響します。

例えば、約束の時間が守れないとか、言葉使いができていない、何か失礼な事をしてしまう、などとしてしまっていては、なんとなくビジネスローンの融資側の担当者としても、この人本当に大丈夫かな、、?と不安になてしまう事でしょう。

とにかく、融資担当者を不安にさせないために、最初の目指すべきゴールは、信用を勝ち取る事と覚えてください。

逆に、それさえできてしまえば勝ったも同然です。

そして、これらを示すためにはやはり会って話す事が最も近道です。

実際に時間を取ってもらい、キチンとした格好で出向いて話をしましょう。