他の資金調達方法との違いは?ビジネスローンで借りるメリットを紹介

他の資金調達方法との違いは?ビジネスローンで借りるメリットを紹介

ビジネスローンが今では詐欺業社が減った事、使い方なんかはわかったけど、実際に他の資金調達手段と何が違うの?どんなメリットがあるの?というのがまだクリアになってない人向けに記事を書きます。

実際に、今まで資金調達をしてこなかった人には無縁の世界でもあるので無理もないでしょう。

ビジネスローンで資金を借りるメリット

ビジネスローンのメリットは大きく3つあります。

スピード:めちゃくちゃ早い

まず気になるのはスピードですよね。

実際に資金調達先を模索している人たちは、概してお金に困っており、ほとんど時間に余裕がない事が多いと思います。

そんな時に、ビジネスローンはとても良い手段で味方になってくれます。

ビジネスローンを展開するノンバンク系は独自の審査項目を設けているため、銀行のように何100項目からなる審査を1つずつチェック、、なんていう時間のかかる事はしません。

その代わりに独自の審査で、ポイントだけを絞って、可能な限り時間と労力を短縮しています。

そこで、スピードに対しては自信があります。

ネットでホームページを見ればすぐ分かると思いますが、中には最短即日中に資金調達が可能かどうか、またいくらの資金調達ができるかを教えてくれる会社もあります。

他にも、平均的には数日中には連絡をくれるところがほとんどです。

また、中には審査結果だけではなく、実際に資金の振り込みまでが即日中に行われるところも出てきており、そのスピード競走はいまだに続いています。

使う側としてはとても助かるので、スピードに関してはあまり問題ないと思います。

審査が柔軟に対応してもらえる

ビジネスローンは、銀行とは違って独自の審査項目を設けています。

その実際の審査項目は各社の独自のノウハウが詰まっているため門外不出ですが、銀行より柔軟である事は確かです。

例えば、銀行であれば過去に延滞していたり赤字が続いた場合は融資が絶望的ですが、ノンバンクのビジネスローンはそんな事はありません。

過去の実績だけでなく、将来ビジネスが伸びるかどうかの将来性も組んでくれたり、その時やむを得ない事情であったらなかった事にしてくれたり、いろんな角度で審査を行ってくれます。

経営者自身の人柄もその時の重要な審査項目になるため、できるだけ真摯な態度で、腹をわって本気で語るようにしましょう。

手数料が銀行並に安くなってきている

手数料についても、特筆すべき変化があります。

それは、どんどん手数料競走が激しくなってきており、銀行並みに安くなってきている事です。

もちろん、銀行から資金を借りて事業を行っている以上は、原理的に銀行の手数料を下回る事はありませんが、様々な企業努力や見直しにより、年々手数料が安くなっている事は事実です。

これは、使う側としてはとても喜ばしい事です。

ここからは想像ですが、やはり赤字が続いた会社等も結局ビジネスが好転すればちゃんと利益をうむわけで、ちゃんと資金繰りさえできればちゃんと融資した金額が戻ってくる、ビジネスとして成り立つ、という認識が広まったのではないでしょうか?

つまりはリスクが手数料にそのまま跳ね返るものなので、ちゃんと計算したらリスクはそんなにありませんでした、というのが最近の流れ何だと思います。

保険料と一緒で、リスクが低い人はどんどん安くなっていきますよね。

あれと一緒のことが、ビジネスローンでも起こっているわけです。

まとめると

ここまで、ビジネスローンのメリットについて紹介してきました。

一言で言うと、ビジネスローンは柔軟性が高くて手数料も安くないから、ガンガン利用してもよし、と言うことです。

ただし、何事もいいところだけ、という事はあり得ないので、次はちゃんとデメリットについても解説していきますよ。