これだけ揃えれば大丈夫!融資を受ける時に用意すべき書類

これだけ揃えれば大丈夫!融資を受ける時に用意すべき書類

ビジネスローンを受けるためには、信用が第一であると伝えました。

これが確保できれば、その審査は勝ったも同然でしょう。

しかしながら、それと資金調達のスピードは必ずしも一致しません。

なぜなら、あなたが例え信用に足る人であっても、必要な書類が揃っていなければ融資側としても融資のしようができないからです。

という事で、今回は抑えておくべき書類についてお伝えしていきます。

ビジネスローンの融資を受ける時に用意をしておくべき書類

ビジネスローンで早く融資を受けたいと思っているあなた、まずすべきは、書類を揃える事です。

あまり難しく考える必要はなく、基本的にはどの融資会社でも用意して!と言われる書類には一定の決まりがあります。

また重要なのは、100%完璧でなくても、ある程度揃えたところで出してしまっても構わないという事です。

もちろん、場合によってはですが。

なぜかというと、やはり融資側としても考慮すべき、優先順位というものが存在し、少なくともこの項目だけは知りたい!という項目さえ見れれば、審査はある程度進める事ができます。

一方で、あまり優先的な順位でないところにこだわり、それで審査のスタートが遅れたとしたら、それは本末転倒となってしまうからです。

審査を受ける際は、たくさんの書類を用意する必要があります。

なので、これらを完璧にする事より、優先すべき内容がどれか?をちゃんと考えながら進める事が大事です。

収支計画書や事業計画書を用意する

収支計画書や事業計画書は、簡単に言えばそのビジネスがどのようなビジネスを今後計画し、今まではどのような収益でビジネスを展開してきたか、を表すものです。

これらの書類は、そのビジネスの将来性と融資をかせるかどうかに大きく影響するため、多くのビジネスローン会社は提出を要求してきます。

会社ごとに決まったフォーマットがある場合もありますが、これらの書類は基本的には普段から作っておくべきものなので、会社独自で作成する場合もあるでしょう。

その場合は、時間を優先してまずは独自のフォーマットでもいいので出してしまいましょう。

とにかく、早めに目を通してもらって時間を確保する事が重要です。

誤字や脱字などに注意

いうまでもない事ですが、書類ないの誤字や脱字、はたまた文章の使い方には注意しましょう。

これらが見つかってしまうと、書類は一気に稚拙なものに感じられてしまい、先ほど記載した「信用できる人かどうか」という項目にヒビが入ってしまいます。

あまりにひどい文書の場合は、場合によっては出さない方がまし(もちろん、後日提出は必要ですが)という見方もできます。

とにかく中身をちゃんとチェックし、誰に出しても恥ずかしくないレベルまでブラッシュアップしましょう。

書類のフォーマットの場所

書類の書き方なんてわからないよ!という方もいると思います。

そんな時は、ネットで検索すれば書類のフォーマットや書き方について、いくらでも解説が出てきます。

また、事業計画書や収支計画書のようなどのビジネスでも使うものであれば、金融庁のホームページでフォーマットが提供されている場合もあります。

とにかくこれらの既にある情報を駆使して、あなたは内容にフォーカスしてください。

フォーマットなんて、基本的にはなんだっていいんです。

重要なのは、あなたが信用できるかどうかを表す事。

書類を出すのはその手段の1つでしかありません。

読みやすく、内容は正確で、しかもビジネス的な礼儀がちゃんとできている、最低限これだけあればその書類は十分な効果を生み出してくれるでしょう。

普段から揃えておけるものばかりなので、ない人はとにかく今すぐに机に向い、これらの書類を揃えてください。