危険じゃないの?騙されない?取り立ての心配は?ビジネスローンの懸念を解決

危険じゃないの?騙されない?取り立ての心配は?ビジネスローンの懸念を解決

ビジネスローンはノンバンクが扱っている事もあり、やはり下記のように心配される方が跡を立ちません。

  • 危険じゃないの?
  • 騙されない?
  • 取り立ての心配は?

実際、自分自身ずっとその不安点はあったのでお気持ちはよく分かります。

しかし、そうやって敬遠していると実際に利用できるはずの手段なのにみすみす見逃すこととなってしまいます。

それで実際にビジネスが頓挫して、潰れてしまっては元も子もありませんよね。

と言う事で、1つずつ心配点を解決していきましょう。

ビジネスローンは危険じゃないの?

一番多いのはこの懸念点だと思います。

ビジネスローン=危険という先入観ですね。

結論から言うと、決してそんな事はありません。

むしろ今となってはビジネスローンのノンバンクというのは中小企業の屋台骨を支える、なくてはならない存在なのです。

以前は確かに危険な業者がいたのも事実ですが、ずっとそんな会社を金融庁が放置しておくはずはありません。

1つ注意点としては、金利としてはどうしても銀行よりは高くなってしまいます。

その理屈としては、こうです。

ノンバンクが提供するビジネスローンは、結局銀行から借りたお金を元に運用されます。

それに、自分たちの利益を上乗せした上でお金を貸し出します。

つまりは、中間マージンが発生するわけです。

こうなると、当然手数料は高くなるのも当然ですよね。

騙されないの?

次に多いのがこの質問でしょう。

やはり悪徳業者がいっぱいいるというのが一般的なイメージですね。

目を光らせた業者が、カモを狙っている、、みたいな図ですね。

しかし安心してください、今の業者でそんな簡単に悪事を行う業者は皆無です。

なぜかというと、当時の日本と比べてやはり日本の金融庁は遥かに審査や監査を厳しくしており、その会社が本当に信用できるか?詐欺じゃないか?本気でビジネスをする気があるか?を確認しています。

そして、その金融庁の審査を行わない場合も、詐欺業社に近い存在として、「金融庁に登録していない」会社として締め出されているのが現状です。

このような会社は簡単に金融庁のホームページで確認する事ができます。

業者としてはそんな事をして消費者に逃げられるより、真面目に商売した方が遥かにビジネスとして成り立つんです。

だから詐欺業社はどんどん減っています。

取り立てが厳しいんじゃないの?

銀行とは違い、やはり支払いできなくなった時にどうなるか?というのは不安な要素の1つですよね。

自宅にやくざまがいの人が取り立てに来たらどうしよう、、とか、夜逃げしてでも自分の身を隠さないと危ない、なんて事も想像してしまいますよね。

これらは全て2000年前後の不景気な時代が作り上げてしまったイメージなんです。
(実際、当時はこのような事例が多発していましたが)

しかし今は、断言できますがノンバンクだからと言って取り立てが厳しいという事はまずありません。

実際に、Twitter等で口コミなんかを調べて見れば分かると思います。

取り立て で調べてみましょう。

いかがでしょうか?

ほとんど、取り立てで悩まさせれている人はいないですよね。

そんな人がいたら、今で言えば「炎上」しててもおかしくないのですが、そういった声がないという事は、実際にそういった事例は皆無と置いても問題ないと思います。

ちなみに、なぜそのような取り立てが少なくなったかというと、その仕組みにあります。

実際に延滞が続いてしまう場合は、法的処置に写ります。

信用保証協会の保証で銀行から融資を受けている場合は、その信用保証協会から銀行にお金が振り込まれます。

そして、取り立てが誰が行うかというと、この信用保証協会が代わって取り立てを行うことになるんです。

信用保証協会の取り立て内容

じゃあ、信用保証協会はどうやって取り立てするの?というところが気になりますよね。

ドアをどんどん叩く?

いえいえ、決してそんな野蛮な事は行いません。

一般的には、多くの場合は葉書で督促状を送るか、契約時に書かれた電話番号に電話をかけ、いつ振り込みますか?というのを聞かれます。

大事なのは、払えない場合は早めに相談する事ですね。

基本的には柔軟に対応してくれますので、ぜひ腹を割って現状を話してみてください。

結論:ビジネスローンは心配が少ない

以上みてきたように、ビジネスローンは昔ほどの心配はない事が分かると思います。

そうなったら利用しない手はないのでぜひ自分でネットで探してみてはいかがでしょうか。