「 J 」 一覧

Jリーグでは当たり前だけど・・・いまさら騒がれた日本サポーターのゴミ拾い

悔しすぎる敗戦を喫したコートジボワール戦。しかし、試合後のサポーターの行動が素晴らしいと今、話題になっている。 その行動とは、選手入場時にコレオとして使用した水色の袋を試合後にはゴミ袋とし、日本

続きを見る

J1が知らない、徳島ヴォルティスサポーター“3つ”のスタイル

今年は徳島ヴォルティスがJ1に初チャレンジする。 昨年末に行われたJ2昇格プレーオフに進出。決勝で京都サンガを下して見事にプレーオフを制し、意気揚々と昇格してきたヴォルティス。先日のやべっち

続きを見る

松本山雅・ウルトラスマツモト、2014年新加入選手のチャントを一般公募。

J2・松本山雅FCのコアサポーターグループ「ULTRAS MATSUMOTO(通称UM)」は、2014年新加入選手のチャントを一般募集することを26日、HP 上で告知した。  

続きを見る

C大阪・フォルランのチャントに高まる期待。王道か、ネタ曲か。

ウルグアイ代表であり前回W杯の得点王、MVPであるディエゴ・フォルランのセレッソ大阪への加入が決まった。 年俸は6億とも噂され、久しぶりの世界的ビッグスターの来日にサッカーファンは大盛り

続きを見る

コレオグラフィだけが大一番のサポートではないと証明したF・マリノスサポーター

コレオグラフィの成長 近年、Jリーグでサポーターが行うコレオグラフィのクオリティが上がっている。 数字や英字だけに留まらず、難しい漢字から凝ったイラストまで・・・本当に胸を打つような演出が

続きを見る

偽物の優勝決定戦であるチャンピオンシップから、日本シリーズを超える感動を得るのは難しいのではないだろうか

劇的であり、エンターテイメント性抜群の日本シリーズが終わった。 読売ジャイアンツと東北楽天ゴールデンイーグルスの戦いは、まさに日本一を決める戦いにふさわしい名勝負であったが、サッカーファ

続きを見る

増加する『顔ファン』と、選手のアイドル化。サポーターなら時には厳しくあれ。

  最近、顔の整ったサッカー選手をアイドル化し、特にサッカーのことはわからないがその選手や所属しているチームを応援する"顔ファン"と呼ばれる種類のサポーターが増えている。 現

続きを見る

篠田麻里子と共演した柿谷曜一朗が、なんとなくワールドカップでダメな気がする件について

柿谷曜一朗と篠田麻里子が、お年玉付き年賀はがきのCMに出演している。 今年の年末年始にかけて発売される「年賀はがき」の販促として、日本郵船が放送を行っていくもので、本日の発表会見に柿谷と

続きを見る

優勝戦線・ACL出場枠争いへの生き残りを懸けた一戦。ハイプレスで主導権を握った鹿島が大差で制す!

カシマスタジアムで行われた、5位鹿島vs6位川崎。ともに優勝は厳しくなっているが、残り試合全勝すれば何が起こるかわからず、ACL出場権を得るためにも譲れない試合となった。  

続きを見る

“王国”の座は清水に。ダービーで敗れプライドも失ったジュビロ、99%降格決定。

荒れた。そして負けた。 崖っぷちのジュビロ磐田。負ければ甲府の結果次第で降格が決定する中、相手は宿敵エスパルス。 宿命の相手のとの静岡ダービーに背水の陣で臨んだが、見せ場なく敗れた。

続きを見る

コールリーダーを目指す気持ちが『J』を救う。サポーターカルチャーとスポーツ、そして百年構想。

百年構想 Jリーグには「百年構想」と呼ばれる実に美しい計画がある。 簡単にまとめると、Jリーグを発展させることでスポーツの人口を増やし、緑の芝生のピッチを多くしましょう。サッカーだけでなく他のスポ

続きを見る

豊田陽平から何処と無く漂う「巻サクセス」を起こしそうな雰囲気。8ヶ月後にサプライズなるか。

巻誠一郎の代表初ゴールは2006年の2月10日、アメリカ戦である。実に本大会の4ヶ月前だ。     代表デビューは2005年。ワールドカップイヤー前年のコ

続きを見る

大久保嘉人を日本代表に呼んではいけない3つの理由

  大久保嘉人の代表入りが待望視されている。現在Jリーグ出場28試合で22ゴール。2位の柿谷曜一朗、豊田陽平、渡邉千真、川又堅碁、佐藤寿人ら5選手の17ゴールを大きく突き放し、

続きを見る

第1回!オーニッポーやあらへんで!チキチキ!一番カッコいい「バモニッポン」はどこだ選手権2013!!!!!

  オーバモニッポン!ニッポン!ニッポン!バモニッポン! サッカーの応援歌で最も有名なもののひとつかもしれない。   巷では「おーーーーーーにっぽー

続きを見る

上位決戦を前に場外乱闘!?浦和サポーターに鹿島サポーターが挑発・・・警察騒ぎに。

  2000年代に入ってからというものの、この2クラブの試合は非常にピリピリとしたものに変わっていっている。 ナビスコカップ決勝での2年連続激突や、リーグ戦が佳境にとなっ

続きを見る

【動画あり】東京五輪世代のファーストアピール!浦和FW邦本宜裕が左足スーパーミドルで初得点。

東京五輪世代、最初のアピールだ。 浦和レッズユース所属の高校1年生FW邦本宜裕が、1点ビハインドで迎えた76分。ペナルティエリアの外、やや左から強烈なミドルシュート。ボールはポストに当た

続きを見る

神戸コレオ
今週末のJリーグ。アウェイサポーターのコレオが凄いと言われて、見てみたら凄かった。

昨日、ガンバ大阪の藤春選手へのヴィッセルサポーターによるブーイングの記

藤春廣輝、神戸サポーターからブーイング。
神戸サポーター、リオ五輪オウンゴールの藤春廣輝に大ブーイングを浴びせ続ける

リオデジャネイロ五輪で、オーバーエイジとして出場したものの満足行く結果

中山雅史名言格言101
疲れてくると、『もういいか』と思う自分が出てくる。もう一方に『もういいかでいいのか』という自分がいる by中山雅史

疲れてくると、『もういいか』と思う自分が出てくる。もう一方に『もういい

中山雅史名言格言6
自分が4,5人ほしい。休まない自分と休む自分をくらべてみたい by中山雅史

自分が4,5人ほしい。休まない自分と休む自分をくらべてみたい &nb

中山雅史名言格言7
「ミスをしないために、言い訳をしないために、後悔しないために、チームが勝つために練習する」 中山雅史

「ミスをしないために、言い訳をしないために、後悔しないために、チームが

→もっと見る