「 横浜F・マリノス 」 一覧

古参マリノスサポーターの「長く続けるサポ講座(全11回)」がなかなか…というかかなり勉強になるよ。

マリーシアと言えば、横浜F・マリノスのサポーターグループであり、Jリーグ全体を見ても最も歴史のあるサポーターグループのひとつである。 マリーシア公式ホームページのプロフィールによると

続きを見る

ユニ予約殺到のフォルラン。それでも“10番”中村俊輔の10分の1。

フォルランのユニフォームが売れている・・・と話題だ。 日刊スポーツの報道によると  C大阪が5日、合意を発表したウルグアイ代表FWディエゴ・フォルラン(34)のレプリカユニホーム注

続きを見る

チームの新練習着はなんと“水色”。がっくりと残念がるF・マリノスサポーター。

マリノス公式Twitterより画像引用[/caption]   昨季最終戦で惜しくも優勝を逃したF・マリノス。 クラブ、選手、サポーター。マリノスに関わる全ての人が「今年

続きを見る

Jリーグと発煙筒・・・歴史とこれからの行く末。

サポーター関連の記事を書くサイトということもあり、当サイトで時たま触れるのが発煙筒。 その度に「Jでも発煙筒を使ってほしい!」という意見や、「発煙筒使っときゃアツいサポートとでも思ってんのかよニワカ

続きを見る

コレオグラフィだけが大一番のサポートではないと証明したF・マリノスサポーター

コレオグラフィの成長 近年、Jリーグでサポーターが行うコレオグラフィのクオリティが上がっている。 数字や英字だけに留まらず、難しい漢字から凝ったイラストまで・・・本当に胸を打つような演出が

続きを見る

6万人の日産スタジアムで感じた違和感

先日、日産スタジアムで横浜Fマリノスとアルビレックス新潟の試合を観戦した。 事前情報では前売り券がどんどん売れ5万人は確実。6万人に届くか!と話題になっていて、またマリノスも勝てば優勝決定の大一

続きを見る

1試合も落とせない!優勝前線トップ3を考察する。

最近街で人々の会話に耳をかたむければ野球の日本シリーズの話で持ちきりで、楽天だ巨人だとやはり日本のサッカー人気は野球人気には敵わないなと関心させられてしまう。 今年20周年を迎えたJリーグの

続きを見る

W杯全試合で守備の要を務めてきた、センターバックのヨコハマ・ブランド。

  F・マリノスは伝統的に高い守備力を誇るチームである。 J開幕以来、J2に降格することなくトップリーグの位置を維持しており、通算失点数は鹿島アントラーズの866失点に次

続きを見る

“俺達は俊輔と優勝したい”。硬派・マリノスサポーターの想いに応えた中村俊輔。

横浜F・マリノスのサポーターは非常にプライドが高い。 自分たちがJリーグを代表する「名門」であるという誇りは忘れることはなく、例えばFC東京や柏レイソルのサポーターのように、全体でネタ的な要素に走る

続きを見る

歩みだしたネルシーニョ、歩みを止めたマリノス

ナビスコカップ準決勝(日立台) 柏レイソル4−0横浜F・マリノス ネルシーニョが再び歩みだした。 日本サッカー界を震撼させたドタバタ劇から復帰、選手のメンタルコンディションに

続きを見る

首根っこを掴んででも代表に中村俊輔を引きずり出せ。今の俺たちにはシュンスケが必要だ。

スーパーサブ。ジョーカーとも呼ばれることもあるが、「サブなのにスーパー」というこの矛盾した役割は大雑把に分けて3種類ある。   ひとつはスピードタイプ。後半、疲れた相手に効果的に

続きを見る

マリノスvsアントラーズ。試合はドローもサポーター対決ではマリノスが圧勝。

    ゴールデンウイーク中の上位決戦ということで、4万人以上が詰めかけた2位横浜F・マリノスと4位鹿島アントラーズの一戦。 試合は野沢拓也選手のゴールで

続きを見る

神戸コレオ
今週末のJリーグ。アウェイサポーターのコレオが凄いと言われて、見てみたら凄かった。

昨日、ガンバ大阪の藤春選手へのヴィッセルサポーターによるブーイングの記

藤春廣輝、神戸サポーターからブーイング。
神戸サポーター、リオ五輪オウンゴールの藤春廣輝に大ブーイングを浴びせ続ける

リオデジャネイロ五輪で、オーバーエイジとして出場したものの満足行く結果

中山雅史名言格言101
疲れてくると、『もういいか』と思う自分が出てくる。もう一方に『もういいかでいいのか』という自分がいる by中山雅史

疲れてくると、『もういいか』と思う自分が出てくる。もう一方に『もういい

中山雅史名言格言6
自分が4,5人ほしい。休まない自分と休む自分をくらべてみたい by中山雅史

自分が4,5人ほしい。休まない自分と休む自分をくらべてみたい &nb

中山雅史名言格言7
「ミスをしないために、言い訳をしないために、後悔しないために、チームが勝つために練習する」 中山雅史

「ミスをしないために、言い訳をしないために、後悔しないために、チームが

→もっと見る