父から子へ。PSVアイントホーフェンのちびっ子コールリーダー

公開日: : 最終更新日:2014/08/04 海外サッカー , , , , ,


オランダ・エールディヴィジの強豪クラブ、PSVアイントホーフェン。そのゴール裏から、なんとも将来有望なサポーターを紹介しよう。

ゴール裏ど真ん中で父に肩車してもらい、サポーターのコールをリードするのはまだ10歳程度の子供だ。しかしコールリーダーとしての素質が備わっているのが伺える。

チャントを始めるのにあたってまず周りを静かにさせ、「White Boys!」(※)とコールをリード。さらに「Come on you boys in red!」とチャントをリードし、さらに「Eindhoven we love you!」チャントへとゴール裏を導いた。

この時は昨シーズン前のプレシーズンマッチであったようだが、その態度や言動は堂々としていて立派なものだ。彼のこれからに期待が集まる。

 

動画/ロングバージョン

 

記事 – さぽーたるふっとぼーる副編集長

※記事修正 (08/04 12:30)


関連記事

0508-01

ベッカム引退。伝説の軌跡まとめ

// _ // ]]> // サッカー界に衝撃が走った。 元イングランド代表、

記事を読む

moses loan

リバプール、チェルシーからモーゼスをローンで獲得へ

英BBCは、リバプールがチェルシーのウインガー、ヴィクター・モーゼスの獲得へ迫っていると報じた。モー

記事を読む

aoki

ウルトラス的2013-14シーズンセリエAの見所

  今シーズンのセリエAにも注目だ。降格したパレルモ、シエナ、ペスカーラに変わり、セ

記事を読む

hodg aho

イングランド代表ロイ・ホジソン監督、FIFAから怒りの鉄槌を受ける

先ほど終了した2014ブラジルワールドカップ本大会のグループリーグ組み合わせ抽選。 日本はグル

記事を読む

gerrard

チェルシーサポ、大一番で痛恨のスリップをしたジェラードを集中攻撃!

悲願の優勝へあと一歩と迫ったリヴァプールだが、モウリーニョ率いるチェルシーが立ちはだかった。

記事を読む

chicken

「クレバリーを代表から外せ!」嘆願書がイングランドサポーター約2万人の署名を集める

香川真司のチームメイト、マンチェスター・ユナイテッドのトム・クレバリーがサポーターからの批判に晒され

記事を読む

munich1

マンチェスター・ユナイテッドサポーターが捧げる祈り。「ミュンヘンの悲劇」から56年

マンチェスター・ユナイテッドの歴史の残る、1958年2月6日に起きた、「ミュンヘンの悲劇」をご存知だ

記事を読む

arsenalcoreo2

【追記│コレオ実施!】英国サポーターに新潮流!アーセナルもバイエルン戦でコレオグラフィ実施か?

英国サポーターが、特定の集団や個人の統率のもと、全体で応援を展開することは珍しいとお伝えしたばかりだ

記事を読む

BJ1XSapCQAMvCk9.jpg_large

サー・アレックス・ファーガソン引退。ベッカムら選手からのメッセージまとめ

今シーズン限りの引退を発表したマンチェスター・ユナイテッドの監督、サー・アレックス・ファーガソン

記事を読む

1272199_569952396405892_1525934573_o

タイの地域リーグサポーターがJリーグよりアツい!

茂庭、岩政、カレンロバート、黒部ら代表経験者。更には田原豊や元大宮・橋本に弦巻などの実力者。ここに来

記事を読む

Comment

  1. 匿名 より:

    掲載ありがとうございます。
    最初のコールはWhite boys!です。

コメントしたり文句言ったり褒めてみたり

神戸コレオ
今週末のJリーグ。アウェイサポーターのコレオが凄いと言われて、見てみたら凄かった。

昨日、ガンバ大阪の藤春選手へのヴィッセルサポーターによるブーイングの記

藤春廣輝、神戸サポーターからブーイング。
神戸サポーター、リオ五輪オウンゴールの藤春廣輝に大ブーイングを浴びせ続ける

リオデジャネイロ五輪で、オーバーエイジとして出場したものの満足行く結果

中山雅史名言格言101
疲れてくると、『もういいか』と思う自分が出てくる。もう一方に『もういいかでいいのか』という自分がいる by中山雅史

疲れてくると、『もういいか』と思う自分が出てくる。もう一方に『もういい

中山雅史名言格言6
自分が4,5人ほしい。休まない自分と休む自分をくらべてみたい by中山雅史

自分が4,5人ほしい。休まない自分と休む自分をくらべてみたい &nb

中山雅史名言格言7
「ミスをしないために、言い訳をしないために、後悔しないために、チームが勝つために練習する」 中山雅史

「ミスをしないために、言い訳をしないために、後悔しないために、チームが

→もっと見る