父から子へ。PSVアイントホーフェンのちびっ子コールリーダー

公開日: : 最終更新日:2014/08/04 海外サッカー , , , , ,


オランダ・エールディヴィジの強豪クラブ、PSVアイントホーフェン。そのゴール裏から、なんとも将来有望なサポーターを紹介しよう。

ゴール裏ど真ん中で父に肩車してもらい、サポーターのコールをリードするのはまだ10歳程度の子供だ。しかしコールリーダーとしての素質が備わっているのが伺える。

チャントを始めるのにあたってまず周りを静かにさせ、「White Boys!」(※)とコールをリード。さらに「Come on you boys in red!」とチャントをリードし、さらに「Eindhoven we love you!」チャントへとゴール裏を導いた。

この時は昨シーズン前のプレシーズンマッチであったようだが、その態度や言動は堂々としていて立派なものだ。彼のこれからに期待が集まる。

 

動画/ロングバージョン

 

記事 – さぽーたるふっとぼーる副編集長

※記事修正 (08/04 12:30)


関連記事

8a5e78180e0e2b60dedcc4d61d8513bb

スペイン=大宮、ブラジル=京都。コンフェデ出場国のFIFAランクをJに当てはめてみた。タヒチは・・・?

  オセアニアのチャンピオンとしてブラジルに乗り込むも、周りの国が強すぎて「

記事を読む

villareal

ヴィジャレアルvsセルタで最悪の行為・・・催涙ガスか

現地時間15日に行われたスペイン・リーガエスパニューラ第24節、ヴィジャレアルvsセルタの試合中に、

記事を読む

millwall1

極悪サポーター同士の縁?ガラタサライのサポーターが英ミルウォールFCの横断幕を掲げる

現地時間26日、トルコのイスタンブールで欧州チャンピオンズリーグ決勝トーナメント1回戦、ガラタサライ

記事を読む

e72a4da6

オスマン帝国の世界史的貢献を過小評価することなかれ【日刊KMPR】

トルコといえば最近もっともホットな話題は五輪招致でイスタンブールが東京に 敗れたこと。

記事を読む

moyesoutfly

我慢の限界?ユナイテッドサポ、小型飛行機を飛ばして「MoyesOut」を主張する予定

「The Chosen One」ファーガソン監督の後継者、''選ばれし者''として赤い悪魔の指揮官と

記事を読む

wh

GL最終節、なぜかイングランド敗戦を願うひとりのイングランドサポ・・・その理由は「賭け」

熱戦が続く2014FIFAワールドカップもついにグループリーグ最終節へと突入した。最後まで可能性を残

記事を読む

reina

リヴァプールGKペペ・レイナがナポリ移籍へ

リヴァプールの守護神として8年間ゴールマウスを守ってきたGKペペ・レイナが24時間以内にナポリに渡り

記事を読む

tan

「ファンはクラブ経営に関係ない」「私が投資して救ってやった」カーディフ・シティのオーナー、インタビューで自身の正当性を主張

プレミアリーグが海外からの投資を受け入れていることはご存知だろう。 マンチェスター・ユナイテッ

記事を読む

etihad

マンチェスター・シティ、ホームスタジアムの改築・増設が決定

マンチェスター・シティのホームスタジアム、「エティハド・スタジアム」の増設が行政から承認された。

記事を読む

Zico

神様ジーコ、カタールで解任。Twitter反応あれこれ。

「サッカーの神様」である元日本代表監督のジーコが、2013年に契約したばかりのアル・ガラファ

記事を読む

Comment

  1. 匿名 より:

    掲載ありがとうございます。
    最初のコールはWhite boys!です。

コメントしたり文句言ったり褒めてみたり

神戸コレオ
今週末のJリーグ。アウェイサポーターのコレオが凄いと言われて、見てみたら凄かった。

昨日、ガンバ大阪の藤春選手へのヴィッセルサポーターによるブーイングの記

藤春廣輝、神戸サポーターからブーイング。
神戸サポーター、リオ五輪オウンゴールの藤春廣輝に大ブーイングを浴びせ続ける

リオデジャネイロ五輪で、オーバーエイジとして出場したものの満足行く結果

中山雅史名言格言101
疲れてくると、『もういいか』と思う自分が出てくる。もう一方に『もういいかでいいのか』という自分がいる by中山雅史

疲れてくると、『もういいか』と思う自分が出てくる。もう一方に『もういい

中山雅史名言格言6
自分が4,5人ほしい。休まない自分と休む自分をくらべてみたい by中山雅史

自分が4,5人ほしい。休まない自分と休む自分をくらべてみたい &nb

中山雅史名言格言7
「ミスをしないために、言い訳をしないために、後悔しないために、チームが勝つために練習する」 中山雅史

「ミスをしないために、言い訳をしないために、後悔しないために、チームが

→もっと見る