父から子へ。PSVアイントホーフェンのちびっ子コールリーダー

公開日: : 最終更新日:2014/08/04 海外サッカー , , , , ,


オランダ・エールディヴィジの強豪クラブ、PSVアイントホーフェン。そのゴール裏から、なんとも将来有望なサポーターを紹介しよう。

ゴール裏ど真ん中で父に肩車してもらい、サポーターのコールをリードするのはまだ10歳程度の子供だ。しかしコールリーダーとしての素質が備わっているのが伺える。

チャントを始めるのにあたってまず周りを静かにさせ、「White Boys!」(※)とコールをリード。さらに「Come on you boys in red!」とチャントをリードし、さらに「Eindhoven we love you!」チャントへとゴール裏を導いた。

この時は昨シーズン前のプレシーズンマッチであったようだが、その態度や言動は堂々としていて立派なものだ。彼のこれからに期待が集まる。

 

動画/ロングバージョン

 

記事 – さぽーたるふっとぼーる副編集長

※記事修正 (08/04 12:30)


関連記事

fergie

ファーガソン監督のキャリアをスーパーマリオ風に表現した動画

2013年におよそ四半世紀に及ぶマンチェスターユナイテッドでの監督としてのキャリアを終えたアレックス

記事を読む

eriksen

トッテナム、アヤックスからエリクセンを獲得

トッテナム・ホットスパーは現地時間30日夜、アヤックスからデンマーク代表MFクリスティアン・エリクセ

記事を読む

everton away

92年以来の敗北、最高のサポートをしたエバートンサポに対し現地マンUサポは香川交代に不服

現地時間4日、ミッドウィークとなったこの日、プレミアリーグ第14節が各地で行われ、香川真司が先発に名

記事を読む

hull2

サポーター無視は認めない!FA、サポーターに「死ね」発言のオーナーのクラブ名変更申請を却下

オーナーの横暴に待ったがかかった。英プレミアリーグで残留争いを繰り広げる中、FA杯ではベスト4に残っ

記事を読む

hosogai2

嬉しさのあまり号泣。10歳ヘルタサポが細貝萌から自作ボードでユニフォームをゲット

ヘルタ・ベルリンで背番号7番を背負う細貝萌。日本時代から磨きををかけたその献身的な姿勢はベルリンでも

記事を読む

inter st

インテルサポーター、横断幕でフロントを痛烈批判「泥棒ユヴェントスと取引をするな」

長友佑都が所属するセリエA・インテルのサポーターがフロントと対立している。 先日、インテルMF

記事を読む

Holligans Vallé 写真

Message from Sabadell

Message from Sabadell   CEサバデル-。

記事を読む

0508-01

ベッカム引退。伝説の軌跡まとめ

// _ // ]]> // サッカー界に衝撃が走った。 元イングランド代表、

記事を読む

エヴァートンを11年指揮した

デイヴィッド・モイーズ、マンチェスター・ユナイテッドと6年契約

サー・アレックス・ファーガソン監督の引退を発表したマンチェスター・ユナイテッドは、現地時間9日、エヴ

記事を読む

cyprusultras

敵同士の壁を超えて・・・キプロスの各サポーターが国の新制度に抗議活動

発煙筒などのウルトラス文化が色濃く根付いているキプロス。普段の試合では応援への情熱が勢い余って危険な

記事を読む

Comment

  1. 匿名 より:

    掲載ありがとうございます。
    最初のコールはWhite boys!です。

コメントしたり文句言ったり褒めてみたり

神戸コレオ
今週末のJリーグ。アウェイサポーターのコレオが凄いと言われて、見てみたら凄かった。

昨日、ガンバ大阪の藤春選手へのヴィッセルサポーターによるブーイングの記

藤春廣輝、神戸サポーターからブーイング。
神戸サポーター、リオ五輪オウンゴールの藤春廣輝に大ブーイングを浴びせ続ける

リオデジャネイロ五輪で、オーバーエイジとして出場したものの満足行く結果

中山雅史名言格言101
疲れてくると、『もういいか』と思う自分が出てくる。もう一方に『もういいかでいいのか』という自分がいる by中山雅史

疲れてくると、『もういいか』と思う自分が出てくる。もう一方に『もういい

中山雅史名言格言6
自分が4,5人ほしい。休まない自分と休む自分をくらべてみたい by中山雅史

自分が4,5人ほしい。休まない自分と休む自分をくらべてみたい &nb

中山雅史名言格言7
「ミスをしないために、言い訳をしないために、後悔しないために、チームが勝つために練習する」 中山雅史

「ミスをしないために、言い訳をしないために、後悔しないために、チームが

→もっと見る