ポーランドのレギア・ワルシャワウルトラス、優勝決定試合で凄まじいサポートを展開!


ポーランドリーグ・エクストラクラサは、プレーオフが行われ全日程が終了。優勝クラブが決定した。

2位ポズナンを2−0で下し、優勝を決めたのはレギア・ワルシャワ。

この大一番に、レギアのウルトラスは最大限のサポートで選手を鼓舞した。

エクストラクラサ(画像・ekstraklasa.net)
レギアのカラーである、緑・赤・白に包まれた王様に対して、恐らく他のクラブをイメージしているであろう様々な服を身にまとった人がひれ伏しているようなイラストが中心のコレオグラフィ。

これだけでも圧巻だが、この立体的なフラッグの裏ではビッグフラッグも同時進行で出されており、コレオグラフィが終わったと同時にビッグフラッグが登場する仕組みだ。
更には発煙筒も飛び出した上で、最後はゴール裏から紙テープ投下。3本目の動画では、試合中にも関わらず無数の紙テープがピッチに投げ込まれている様子がわかるだろう。なんとこの瞬間はレギアのピンチのシーンであり、まさにサポーターがディフェンスをしているようにも見える(苦笑)

 

10174787_637496929651913_6726385024895234925_n

ポズナンサポーターもビッグフラッグを展開し必死に応戦したが、 敵のこのサポートの前ではあまり多くの力を選手に与えることは出来なかったかもしれない。

 

余談だが、日本だけでなく世界的にサポーターのサポートに強い規制が入りつつある現在。ポーランドやブルガリアなどは自由なウルトラスの活動が見られる数少ない場所かもしれない。

記事・さぽーたるふっとぼーる編集部

 


関連記事

記事はありませんでした

コメントしたり文句言ったり褒めてみたり

神戸コレオ
今週末のJリーグ。アウェイサポーターのコレオが凄いと言われて、見てみたら凄かった。

昨日、ガンバ大阪の藤春選手へのヴィッセルサポーターによるブーイングの記

藤春廣輝、神戸サポーターからブーイング。
神戸サポーター、リオ五輪オウンゴールの藤春廣輝に大ブーイングを浴びせ続ける

リオデジャネイロ五輪で、オーバーエイジとして出場したものの満足行く結果

中山雅史名言格言101
疲れてくると、『もういいか』と思う自分が出てくる。もう一方に『もういいかでいいのか』という自分がいる by中山雅史

疲れてくると、『もういいか』と思う自分が出てくる。もう一方に『もういい

中山雅史名言格言6
自分が4,5人ほしい。休まない自分と休む自分をくらべてみたい by中山雅史

自分が4,5人ほしい。休まない自分と休む自分をくらべてみたい &nb

中山雅史名言格言7
「ミスをしないために、言い訳をしないために、後悔しないために、チームが勝つために練習する」 中山雅史

「ミスをしないために、言い訳をしないために、後悔しないために、チームが

→もっと見る