【連載第3回】「10.29」横浜フリューゲルスサポーターの視線〜11月3日〜

公開日: : 最終更新日:2014/05/20 横浜フリューゲルス , , , ,


以前の記事【連載第2回】「10.29」横浜フリューゲルスサポーターの視線〜29日、30日〜 

1998年11月3日 サンフレッチェ広島戦(アウェー)

 

アウェー戦に望むフリューゲルスの選手やスタッフは新幹線で広島入りした。

親会社である全日空ではなく、新幹線での現地入りということもあり、それをマスコミは「ついにフリューゲルスの選手らがANAに反旗を翻した」と、面白おかしく書いた。

 

だが、ここでは現実のことがどうであったかを記しておく。

基本、フリューゲルスと契約してる人らはANAの航空機を使用してでの移動が義務となってる。それを違反するともらっている給料のうん倍レベルの違約金が発生する。そういうシステムになっているのだ。

 

が、例外もある。

「戦術的や理屈にかなった場合においては、その限りではない」という約束事があり、ここではそれが適用された。

広島にANAで乗り込むのと新幹線で乗り込む場合とを比較し、事実、空港からの移動の手間と、広島駅からの移動の負担までを考査し、移動の負担が低い新幹線での移動が戦略的に理に叶ったのでそうしたということ。

 

そういう事実がスコンと抜けて、面白おかしく書かれたことは、今でもどうかと思ってるし、現実にフリューゲルスの選手の移動は、飛行機を使う地域は最後までANAで移動している。

 

だが、このころになると、特に写真週刊誌や夕刊などが「Jリーグの危機・次はどことそこが合併」的な記事で煽ったりしていた。

ありもしない「危機」を煽り、文末に

「…と、思うのは私だけだろうか?」とか「…と、思うのはサポーターの総意」みたいな三文記事が並ぶ。しかし、そういうことを記す割には

「今回の一連の騒動の原因の、ANAがフリューゲルスの梯子を勝手に外してマリノスに逃亡したから」

 

という事実に触れる媒体がなかったことや、その理由が、うかつに日産やANAを刺激する記事を記載すると、のちの広告費の部分で…というのが丸出しなこと。そういうのが残念である。

 

 

 

そして「言いたいことをいう人たち」で、触れておくべきことが、当時の川渕三郎チェアマンである。

話が多少前後するが、10/31のセレッソ戦の午前中、フリューゲルスサポの有志は川淵チェアマンに面会していたそうな。

そこで、川淵チェアマンはサポを見るなり泣き出し、こう言った。

「署名でも集めれば、何とかなるかも知れないよ。」

と述べた。そこで、いわゆる「青い翼運動」がスタートしたのである。※後半部分で記述

 

 

ちなみに、当時のフリューゲルスの映像だが、あの天皇杯の映像については「ASフリューゲルスアワー・特別編」の映像が動画サイトに落ちていますが、消滅騒ぎ以後のリーグ戦の映像は、Jリーグクロニクルの山口素弘のベストゴール(セレッソ戦)と、ニュース・ステーションの11/3日放送分のJリーグコーナーでの映像のみのようだ。

コーナーの冒頭、当時からフリューゲルスを推していた川平慈英氏の冒頭のコメントや、身に着けている「青いリボン」そして、その当時のサポーターのコメントを見て、往時を偲ぶのもいいかもしれない。

 

 

青いリボン

ribon

フリューゲルスの存続活動のシンボルとして、選手やサポーターが身に着けていた「青色のリボン」

これは先述したVSセレッソ大阪戦の会場から使用されたものである。

誰が発案したかは不詳ですが、このリボンが「象徴」となっていきました。

10/31の試合の日から、いわゆる「存続の署名活動」がスタート。署名してフリューゲルス存続に賛同された方々に「青色のリボン」を渡し、存続の意思表示としてリボンを身に着けてもらう。

試合などの写真で見てもらえばご理解いただけると思いますが、フリューゲルスの選手・スタッフ一同もリボンをつけて試合に臨みました。

のちに「青色のリボン」は、サポーター有志が築いた「横浜FC」の設立への象徴ともなっていく。最近FCのサポになった系の人から「FCのエンブレムにあるリボンの意味を知りたい」という疑問がよく上がるそうです。

あれから16年…

 

第4回はこちら【連載第4回】「10.29」横浜フリューゲルスサポーターの視線〜11月7日〜

記事/とび丸 (@loveforfulie)

サポ観戦記とかスポーツ競技観戦記とか雑記を書いてます。

http://ameblo.jp/flugelsforever/



関連記事

c981114fl

【連載第5回】「10.29」横浜フリューゲルスサポーターの視線〜11月14日〜

前回の記事はこちら【連載第4回】「10.29」横浜フリューゲルスサポーターの視線〜11月7日〜

記事を読む

1107_1

【連載第4回】「10.29」横浜フリューゲルスサポーターの視線〜11月7日〜

第3回はこちら「【連載第3回】「10.29」横浜フリューゲルスサポーターの視線〜11月3日〜

記事を読む

20061127182552

【連載第2回】「10.29」横浜フリューゲルスサポーターの視線〜29日、30日〜

第一回はこちら「【連載】「10.29」横浜フリューゲルスサポーターの視線〜序文〜」 横浜フ

記事を読む

631f14e4

【連載第6回】「10.29」横浜フリューゲルスサポーターの視線〜奇跡の天皇杯序章〜

前回の記事【連載第5回】「10.29」横浜フリューゲルスサポーターの視線〜11月14日〜 奇跡に向

記事を読む

frugers

Twitterで話題の「#若いサポに伝えたいフリューゲルスの話」がめちゃめちゃ面白い!

  Twitterでにわかに盛り上げっている話題がある。それが「#若いサポに

記事を読む

フリューゲルス連載

【連載】「10.29」横浜フリューゲルスサポーターの視線〜序文〜

もう今の中学生は横浜フリューゲルスを知らない。 かつてアジアを制した名門クラブも、横浜

記事を読む

コメントしたり文句言ったり褒めてみたり

神戸コレオ
今週末のJリーグ。アウェイサポーターのコレオが凄いと言われて、見てみたら凄かった。

昨日、ガンバ大阪の藤春選手へのヴィッセルサポーターによるブーイングの記

藤春廣輝、神戸サポーターからブーイング。
神戸サポーター、リオ五輪オウンゴールの藤春廣輝に大ブーイングを浴びせ続ける

リオデジャネイロ五輪で、オーバーエイジとして出場したものの満足行く結果

中山雅史名言格言101
疲れてくると、『もういいか』と思う自分が出てくる。もう一方に『もういいかでいいのか』という自分がいる by中山雅史

疲れてくると、『もういいか』と思う自分が出てくる。もう一方に『もういい

中山雅史名言格言6
自分が4,5人ほしい。休まない自分と休む自分をくらべてみたい by中山雅史

自分が4,5人ほしい。休まない自分と休む自分をくらべてみたい &nb

中山雅史名言格言7
「ミスをしないために、言い訳をしないために、後悔しないために、チームが勝つために練習する」 中山雅史

「ミスをしないために、言い訳をしないために、後悔しないために、チームが

→もっと見る