値千金のゴール!・・・も、観客が少なすぎるので自ら観客になるリトアニアのある選手


選手が一番、楽しみにしている瞬間といえば、自らがゴールを決めて、サポーターとともに喜びをわかちあう瞬間だろう。プロの選手に与えられた特権でもある。しかし、世界にはプロでありながらそんな願望を叶えられない選手もいる。

東欧の小さな国、リトアニアでは1部リーグでも観客がまばらだ。8日に観客収容数わずか5400人のスタジアムで行われたZalgiris vs Trakaiの試合はZalgirisが1点リードして終盤を迎えた。しかし、TrakaiのDzimitry Koob選手が値千金の同点ゴールを叩き込む。アウェイで貴重な勝ち点をたぐり寄せるゴール!・・・なのだが、いかんせん観客がほとんどいない。本人とチームメイトは喜びを爆発させるものの、盛り上がるサポーターの姿はスタンドにはないのだ。

そんな悲しい光景を見たKoobは斬新なゴールパフォーマンスを行う。観客席へと走りこみ、座席に座ると自らのゴールに拍手を送ったのだった。

サポーターの少なさを逆手にとった、この斬新なパフォーマンスは話題となり、動画は9日現在で3万回以上再生されている。

確かに面白いゴールパフォーマンスだが、いつの日かこのスタンドにたくさんのサポーターの姿があることを願わずにはいられない。

 

記事 – さぽーたるふっとぼーる副編集長


関連記事

westham

ウェストハムサポーターが自虐チャント「俺たちは毎週負けている」

今シーズン、プレミアリーグで15位に沈むウェストハム・ユナイテッド。降格圏ともわずか2ポイント差で残

記事を読む

バロテッリ

バロテッリとウルトラス〜人種差別的チャントの実態とは?〜

  今年の1月、マリオ・バロテッリは2シーズンぶりにセリエAに復帰した

記事を読む

ダービー

音楽の都、ウィーンのフットボール。現地ウルトラスへのインタビュー掲載。

// // 音楽の都、ウィーンのフットボール モーツァルト、ハプスブルク家、ウィーン交響楽

記事を読む

saudi

【動画】サウジリーグで起きたスポーツマンシップ溢れるプレー

サウジアラビアリーグのアル・イテハドとアル・ナフダとの試合で起きたスポーツマンシップ溢れる出来事が話

記事を読む

psok

PAOKサポーターのビッグフラッグがビッグすぎる!

ビッグフラッグとは観客席の一面覆い尽くすような大きなフラッグのことを意味する。 基本的には選手

記事を読む

arsenalcoreo2

【追記│コレオ実施!】英国サポーターに新潮流!アーセナルもバイエルン戦でコレオグラフィ実施か?

英国サポーターが、特定の集団や個人の統率のもと、全体で応援を展開することは珍しいとお伝えしたばかりだ

記事を読む

fake goal

【動画あり】魔法のゴール?枠を外れたシュートがゴール判定 – ブンデスリーガ

現地時間18日に行われたドイツ・ブンデスリーガ、ホッヘンハイムvsレバークーゼンで珍事件が起きた。

記事を読む

BJ1XSapCQAMvCk9.jpg_large

サー・アレックス・ファーガソン引退。ベッカムら選手からのメッセージまとめ

今シーズン限りの引退を発表したマンチェスター・ユナイテッドの監督、サー・アレックス・ファーガソン

記事を読む

0508-01

ベッカム引退。伝説の軌跡まとめ

// _ // ]]> // サッカー界に衝撃が走った。 元イングランド代表、

記事を読む

ミランウルトラス

いよいよ次節登場!?サンシーロに鳴り響く「本田チャント」が完成!?!?ミラニスタから独自情報をゲット。

  俺らの宝!その左で!さあ決めろ本田Alez!!! これは名古屋グランパス時

記事を読む

コメントしたり文句言ったり褒めてみたり

神戸コレオ
今週末のJリーグ。アウェイサポーターのコレオが凄いと言われて、見てみたら凄かった。

昨日、ガンバ大阪の藤春選手へのヴィッセルサポーターによるブーイングの記

藤春廣輝、神戸サポーターからブーイング。
神戸サポーター、リオ五輪オウンゴールの藤春廣輝に大ブーイングを浴びせ続ける

リオデジャネイロ五輪で、オーバーエイジとして出場したものの満足行く結果

中山雅史名言格言101
疲れてくると、『もういいか』と思う自分が出てくる。もう一方に『もういいかでいいのか』という自分がいる by中山雅史

疲れてくると、『もういいか』と思う自分が出てくる。もう一方に『もういい

中山雅史名言格言6
自分が4,5人ほしい。休まない自分と休む自分をくらべてみたい by中山雅史

自分が4,5人ほしい。休まない自分と休む自分をくらべてみたい &nb

中山雅史名言格言7
「ミスをしないために、言い訳をしないために、後悔しないために、チームが勝つために練習する」 中山雅史

「ミスをしないために、言い訳をしないために、後悔しないために、チームが

→もっと見る