【連載】「10.29」横浜フリューゲルスサポーターの視線〜序文〜

公開日: : 最終更新日:2014/05/13 横浜フリューゲルス , , ,


フリューゲルス連載

もう今の中学生は横浜フリューゲルスを知らない。

かつてアジアを制した名門クラブも、横浜にある3つのJリーグクラブへそのDNAを少しばかり残すのみで、もはや語られることも少なくなってしまった。

そんな横浜フリューゲルスを忘れてはいけない。ということで、「Twitterで話題の「#若いサポに伝えたいフリューゲルスの話」がめちゃめちゃ面白い」という記事を書いたが、その流れから当時フリューゲルスを応援していたサポーターの方から連載を寄せてもらう運びとなった。

今日から幾つかにわたってお送りするこの連載。横浜F・マリノスとの合併が発表された「10.29」からの出来事をサポーター目線で語ってもらう。

 

序文

2014年1月18日の夕刻のこと

16年ぶりに横浜フリューゲルスの応援ができた日のこと

 

 

試合の後半40分過ぎに差し掛かったころだろう。その時に「あの日のあの時」の記憶が鮮烈によみがえったんだ…

 

 

「1999年1月1日」

 

 

あの日の後半40分のこと

 

 

「後5分エスパルスの攻撃をしのいだら優勝だ。念願の天皇杯優勝だ。これであのくそったれANAに最大級の仕返しができる。僕たちは【We are FLUGELS】最高の仲間で最高のことを成し遂げられたんだ。」

 

 

でも、こうも思ったんだ。

 

 

「もし、エスパルスに1点取られたらば、あと、もう少しだけフリューゲルスとして応援できる…フリューゲルスのサッカーを観られる」ということを…

 

 

 

【We are FLUGELS Winner FLUGELS】

 

 

僕らの横浜フリューゲルス。正直、サポーターの数も少なく、また、サポーターが分裂応援してたクラブだった。

 

 

大勢の人数で軽快なサンバを刻んでた「ASA AZUL」と、野太い声で欧州みたいな応援を主とする「TIFOSI」そして、ASAとTIFOSIの環礁地帯として家族的な応援からフリエのゴル裏第3勢力になった「オーレヨコハマ」3つの応援団は応援こそ違えど(正確にいうとオーレとASAは共通応援)向いてる方向は「フリューゲルスの明るい未来」向いていた。

 

 

バックスタンドには「ネットで試合のあれこれを語る住民の人ら」がたくさんいた。フリューゲルスを時には暖かく優しく、時には厳しい視線で語る人たちが。

 

 

フリューゲルスには名物があったんだ。ほかのクラブではなかったかもしれないもの。

 

 

サッカークラブには「ホペイロ」という用具係がいる。スパイクの手入れ・ピッチサイドに置かれる水の仕込み・洗濯・ケータリングの手配…とか。

 

 

普段は陽のあたるポジションじゃない「ホペイロ」も、普段は人に声をかけられる機会のない「ホペイロ」も。フリューゲルスでは大切な主役の1人だったんだ。

 

 

ホペイロがピッチにドリンクを仕込みに行くとき、期せずして歓声と「麻生!」(後期は「山根!」)コールが起きる。ホペイロはそのコール聞いて照れくさそうに挨拶する。それを見てまた「恥ずかしがってるんじゃねーよ(笑)」と笑いが起きる。

 

 

GKの練習の時には「マザロッピ」というコーチが楢崎や森や佐藤浩を鍛える。

 

 

熊みたいな外見なんだけど、キックが非常に正確。時には「お前そのコースはブラジル代表でも取れないって(笑)」なコースをいとも簡単に突く。

 

 

いつしか、マザロッピが蹴る度に「マーザロッピ!」コールが起きた。

 

 

それを聞いてマザロッピも笑う。そのマザロッピをみてスタジアムが笑いに包まれる。

 

 

フリューゲルスの観客はサポーターは確かに他のクラブと比べて人は少なかったかもしれない。威力も少なかったかもしれない。もしかしたら、カッコ悪かったかもしれない。

 

 

でも、僕らは三ツ沢で幸福な時間を横浜フリューゲルスのおかげで過ごせたんだ…

 

 

あの「1998年10月29日」までは…

 

 

(続)

第二回はこちら【連載第2回】「10.29」横浜フリューゲルスサポーターの視線〜29日、30日〜

 

記事/とび丸 (@loveforfulie)http://ameblo.jp/flugelsforever/




関連記事

20061127182552

【連載第2回】「10.29」横浜フリューゲルスサポーターの視線〜29日、30日〜

第一回はこちら「【連載】「10.29」横浜フリューゲルスサポーターの視線〜序文〜」 横浜フ

記事を読む

frugers

Twitterで話題の「#若いサポに伝えたいフリューゲルスの話」がめちゃめちゃ面白い!

  Twitterでにわかに盛り上げっている話題がある。それが「#若いサポに

記事を読む

631f14e4

【連載第6回】「10.29」横浜フリューゲルスサポーターの視線〜奇跡の天皇杯序章〜

前回の記事【連載第5回】「10.29」横浜フリューゲルスサポーターの視線〜11月14日〜 奇跡に向

記事を読む

flugels2

【連載第3回】「10.29」横浜フリューゲルスサポーターの視線〜11月3日〜

以前の記事【連載第2回】「10.29」横浜フリューゲルスサポーターの視線〜29日、30日〜  19

記事を読む

c981114fl

【連載第5回】「10.29」横浜フリューゲルスサポーターの視線〜11月14日〜

前回の記事はこちら【連載第4回】「10.29」横浜フリューゲルスサポーターの視線〜11月7日〜

記事を読む

1107_1

【連載第4回】「10.29」横浜フリューゲルスサポーターの視線〜11月7日〜

第3回はこちら「【連載第3回】「10.29」横浜フリューゲルスサポーターの視線〜11月3日〜

記事を読む

Comment

  1. Kimiaki Tashiro より:

    今となっては、サッカー文化が根付いてなかった、というしかないのかな。
    全日空スポーツの社長(というかANAの意思として)は、サポーターの「規模を縮小して(J2でも)存続できるのでははないか」という質問に対して、「それ(J2)では意味がない」と言ったんだ。

コメントしたり文句言ったり褒めてみたり

神戸コレオ
今週末のJリーグ。アウェイサポーターのコレオが凄いと言われて、見てみたら凄かった。

昨日、ガンバ大阪の藤春選手へのヴィッセルサポーターによるブーイングの記

藤春廣輝、神戸サポーターからブーイング。
神戸サポーター、リオ五輪オウンゴールの藤春廣輝に大ブーイングを浴びせ続ける

リオデジャネイロ五輪で、オーバーエイジとして出場したものの満足行く結果

中山雅史名言格言101
疲れてくると、『もういいか』と思う自分が出てくる。もう一方に『もういいかでいいのか』という自分がいる by中山雅史

疲れてくると、『もういいか』と思う自分が出てくる。もう一方に『もういい

中山雅史名言格言6
自分が4,5人ほしい。休まない自分と休む自分をくらべてみたい by中山雅史

自分が4,5人ほしい。休まない自分と休む自分をくらべてみたい &nb

中山雅史名言格言7
「ミスをしないために、言い訳をしないために、後悔しないために、チームが勝つために練習する」 中山雅史

「ミスをしないために、言い訳をしないために、後悔しないために、チームが

→もっと見る