チェルシーサポ、大一番で痛恨のスリップをしたジェラードを集中攻撃!


悲願の優勝へあと一歩と迫ったリヴァプールだが、モウリーニョ率いるチェルシーが立ちはだかった。

引き分けでも優位は変わらなかったリヴァプールは、果敢にも本来の攻撃サッカーを貫き、チェルシーから勝利を奪おうとしていた。しかしモウリーニョが敷く超守備的戦術の前に攻めあぐね、前半終了間際には痛恨の失点を喫してしまう。

自陣でボールをつないでいたリヴァプールだが、ここまでチームをを引っ張ってきたキャプテンのスティーブン・ジェラードがトラップミス。しかし挽回可能な小さなミスであったが、慌てたのかまさかのスリップ。そのボールを奪ったチェルシーのデンバ・バがそのまま持ち込みチェルシーに先制点をもたらした。

結局、この先制点が響き、最後まで守りを崩せなかったリヴァプールは0-2の敗戦。タイトルレースの優位もマンチェスター・シティへ明け渡すことになってしまった。

そんな痛恨のミスをしたジェラートに、現地に駆けつけたチェルシーサポーターは容赦ないチャントを浴びせた。

「Steven Gerrard, He’s done it again!」(ジェラード、またやってくれたぜ!)

ハーフタイムを迎え、ドレッシングルームに引き上げるジェラートに向かって痛烈なチャント。

かつてチェルシー移籍を断った経緯もあってか、また相手キャプテンを精神的に追い詰めるためか個人攻撃をお見舞いしたのだ。

実は、このように英国のサポーターが特定の選手のミスを攻撃することは珍しくない。サポーターが、相手選手がシュートを外した時にここぞとばかりに煽る場面を目にしたことがある方も多いだろう。

かくいうチェルシーも、かつてはマンチェスター・ユナイテッドのサポーターから標的にされたことがあるのだ。

「Viva John Terry, could have won the cup but He f**ked it up!」(ビバ・ジョン・テリー!優勝できたのにすべてを台無しにしてくれた!)

対象となったのはジョン・テリー。UEFAチャンピオンズリーグ決勝での出来事だ。

チェルシーとマンチェスター・ユナイテッドが決勝を戦った07/08シーズンはPK戦までもつれた。チェルシー優位で進んだPK戦はテリーが成功すればチェルシーが優勝というところまでこぎつけたのだが、テリーがまさかの失敗。この時、軸足をピッチにとられスリップをしたテリーのペナルティキックは、無情にも枠外へと外れたのだった。

この後マンチェスター・ユナイテッドが逆転に成功し見事チャンピオンズリーグの栄冠を手にしたのだが、その後、数年に渡ってユナイテッドのサポーターはチェルシー戦のたびにこのチャントを歌っていたのだ。

これまでも英国の皮肉チャントや自虐チャントを紹介してきたが、こういった「個人攻撃チャント」に注目してみるのも面白いだろう。

 

 

記事 – さぽーたるふっとぼーる副編集長


関連記事

united 1314

マンチェスターユナイテッド、新ユニフォームを発表

日本時間5日の20時半、マンチェスターユナイテッドが新ユニフォームとなる、13/14シーズンのホーム

記事を読む

arsenalfan1

大敗を喫したアーセナルのサポーターが見せたやけくそな反応

現地時間2月8日に行われたプレミアリーグ首位攻防戦、リヴァプールvsアーセナルは意外な結果に終わった

記事を読む

パンク2

フットボールとパンクロック~England’s Burning~

皆さんはパンクロックという音楽をご存知だろうか。 知らねえよそんなもんと思った方も、一度くらい

記事を読む

psok

PAOKサポーターのビッグフラッグがビッグすぎる!

ビッグフラッグとは観客席の一面覆い尽くすような大きなフラッグのことを意味する。 基本的には選手

記事を読む

yaya

誕生日を祝ってもらえず移籍をほのめかすヤヤ・トゥーレに他サポがお祝いの嵐

13/14シーズンの英プレミアリーグを制したマンチェスター・シティを中盤で支えた選手といえば、日本代

記事を読む

moses loan

リバプール、チェルシーからモーゼスをローンで獲得へ

英BBCは、リバプールがチェルシーのウインガー、ヴィクター・モーゼスの獲得へ迫っていると報じた。モー

記事を読む

写真 (22)

バナーを巡る思惑(韓国人ウルトラスへのインタビュー)

「歴史を忘れた民族に未来はない」 ニューヒーローが誕生し、日本が見事初優勝を飾った東アジアカップ

記事を読む

millwall1

極悪サポーター同士の縁?ガラタサライのサポーターが英ミルウォールFCの横断幕を掲げる

現地時間26日、トルコのイスタンブールで欧州チャンピオンズリーグ決勝トーナメント1回戦、ガラタサライ

記事を読む

samaras

日本の強敵ギリシャのサマラスらがサポーターに見せた素晴らしい行動が話題

日本代表が2014FIFAワールドカップのグループリーグで対戦するギリシャ。長くこの国のサッカーを引

記事を読む

bluemoon

英国では稀なコレオグラフィ。マンチェスター・シティがバルセロナ戦でクラブの象徴「BLUE MOON」

コレオグラフィ。スタジアムの観客が一体となり、ひとりひとりがボードや紙などを掲げて巨大な絵を描き出す

記事を読む

コメントしたり文句言ったり褒めてみたり

神戸コレオ
今週末のJリーグ。アウェイサポーターのコレオが凄いと言われて、見てみたら凄かった。

昨日、ガンバ大阪の藤春選手へのヴィッセルサポーターによるブーイングの記

藤春廣輝、神戸サポーターからブーイング。
神戸サポーター、リオ五輪オウンゴールの藤春廣輝に大ブーイングを浴びせ続ける

リオデジャネイロ五輪で、オーバーエイジとして出場したものの満足行く結果

中山雅史名言格言101
疲れてくると、『もういいか』と思う自分が出てくる。もう一方に『もういいかでいいのか』という自分がいる by中山雅史

疲れてくると、『もういいか』と思う自分が出てくる。もう一方に『もういい

中山雅史名言格言6
自分が4,5人ほしい。休まない自分と休む自分をくらべてみたい by中山雅史

自分が4,5人ほしい。休まない自分と休む自分をくらべてみたい &nb

中山雅史名言格言7
「ミスをしないために、言い訳をしないために、後悔しないために、チームが勝つために練習する」 中山雅史

「ミスをしないために、言い訳をしないために、後悔しないために、チームが

→もっと見る