浦和レッズの無観客試合で注目したい3つのサポーター目線

公開日: : 最終更新日:2014/03/17 浦和レッズ, 清水エスパルス ,


nuhaha

浦和レッズサポーターの「JAPANESE ONLY」ダンマク問題により、Jリーグは浦和へ制裁を決定。23日に行われる浦和レッズvs清水エスパルス戦が無観客試合となった。

無観客試合が行われるのはJリーグ史上初となるが、一体無観客試合とはどんな雰囲気なのだろうか?通なサポーターなら「あれはどうなるの?これは一体?」と、気になるポイントも多い。そんな無観客試合だとどうなるのか・・・という疑問3つを紹介しよう。

 

 

スタジアムのBGMはどうなるの?

Jリーグの試合が行われるスタジアムでは常に音楽なりスタジアムDJの声なり、何かしらの大きな音が流れ続けている。

これは訪れたサポーターを楽しませる演出が行われている証拠であり、会場開門からキックオフまでの2〜3時間を充実させるために各クラブともそれなりに力を入れている部分だ。

前節のハイライトや、今節の見どころ。スタジアムグルメやプロモーションの紹介に、ライブやゲームなどのアトラクション。さらには前座試合にファンクラブや年間チケットの宣伝・・・と、メインイベントである試合の前には様々な催し物が行われる。だが、無観客試合となれば当然、ファンサービスの一環であるこれらの催し物はなくなっていくだろう。

 

となると当然、スタジアム内のBGMもなくなっていくわけだが、これは選手のモチベーション低下にも通じるかもしれない。特に浦和レッズの試合前ウォーミングアップでは、

Togetherでウォーミングアップ開始。

The Kids Aren’t Alright で選手コメント読み上げ。

Get this party slammin’ でオーロラビジョンにエンブレム。

House of Love からド~ンでスタメン発表。

スタメン発表中が、strengh of a thousand men

選手たちが一回引っこんでから、First Impressions で入場。(Yahoo知恵袋より引用)

http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q11107131401

 

と、選手登場から絶え間なく音楽が流れており、これらのハイテンションな曲が選手やサポーターのテンションをグングンと上げていく。これらのBGMが無観客試合となった清水戦でも流れるかどうかは気になるところで、誰のためにこの演出を行っていたかどうかというのもハッキリしてくるだろう。


 

 

ゴールパフォーマンス

サッカー選手はゴールの後の喜びを体いっぱいで表現することが多い。

しかし、ほとんどのゴールパフォーマンスはサポーターに向けてアピールするものであるし、それ以外の表現(例えばベンチのもとへ走って行くなど)もスタジアムの空気とゴールが大きな興奮を生み出すからこそである。

となれば、サポーターがスタンドにまったくいない状況ではゴールパフォーマンスはどういうものになるのか?というのは大きな注目ポイントであり、練習試合のように淡々と自陣に戻っていくのか、何かテレビの向こうのサポーターにメッセージを送るのか?そんな部分にも注目していきたい。

 

 

 

サッカーの音

サッカーには様々な音があふれている。ボールを蹴る音、選手たちの指示の声、審判へのアピールなどなど。

スタジアムにサポーターがいないということであれば、そんな普段は聞こえない音をテレビ中継で楽しむこともできるかもしれない。特に浦和はJリーグで最もサポーターが多いクラブであり、たとえ海外のアウェイと言えども多くのサポーターがスタジアムでサポートをする。そんなクラブであるだけに、選手も関係者もサポーターも公式戦でサポーターの声が聞こえないというのは未知の領域だろう。

また、既に措置が取られてはいるが、スタジアムの近くまでサポーターが多く詰めかけることも予想されている。無観客試合の措置が取られた2005年のワールドカップアジア最終予選vs北朝鮮戦のように、スタジアムの外から声援を送るサポーターも少なからずいそうだ。

そんなサポーターたちの声がピッチに届くかどうか?というのも注目ポイントのひとつである。

 

 

また、差別的な表現が問題になっているだけに、一部団体によりJFAへ抗議の街宣が行われているようだ。http://togetter.com/li/642720

そんな団体の街宣が、スタジアムまで届いてしまうこともあるかもしれない。

 

ちなみに一番声がでかくて騒がしいDF森脇は前節で謎の退場処分を受け出場停止中。そういう意味ではさらに静かな試合になるかもしれない。これはある意味、チームの雰囲気やモチベーションを考えた時には大きな痛手になるかもしれない。

あ、でもベンチに入れなくてもスタンドには入れるかな。であればやっぱりうるさいかも。

 

兎にも角にも、起こしてしまった事件は仕方がない。サポーターは考えすぎずにJリーグ史上初となる無観客試合を楽しむのが吉ではないだろうか。次節に期待大だ。

 

 

 

※追記 – 森脇選手の出場停止は19日に行われるナビスコ杯で消化されると思われます。今季から出場停止は同一大会で消化されると改定されましたが適用は4月からとのこと。

記事/さぽーたるふっとぼーる


関連記事

red

1試合も落とせない!優勝前線トップ3を考察する。

最近街で人々の会話に耳をかたむければ野球の日本シリーズの話で持ちきりで、楽天だ巨人だとやはり

記事を読む

jcoreo

サポーターを“無視”したJリーグに浦和サポがコレオグラフィ“無視”で反撃か ― ナビスコ杯決勝

一貫して2ステージ反対の立場をとる浦和サポーター   2015年シーズンから2ステ

記事を読む

浦和サポーター大宮嫌いな奴立ち上がれ

決戦前夜!通算成績は全くの五分五分のさいたまダービー。両チームサポーターの舌戦。

  優勝を狙うためには今節を落とせない3位浦和レッズ。不調が続くが、きっかけ

記事を読む

2014kaimaku

今週のJ1on地上波カンタンプレビュー!

もっともっと、私たちの自国リーグ、Jリーグを広め、文化として根付いてほしいという想いから考案された新

記事を読む

BXknvWCCQAA-Kxw.jpg-large

“王国”の座は清水に。ダービーで敗れプライドも失ったジュビロ、99%降格決定。

荒れた。そして負けた。 崖っぷちのジュビロ磐田。負ければ甲府の結果次第で降格が決定する中、相手

記事を読む

邦本宜裕

【動画あり】東京五輪世代のファーストアピール!浦和FW邦本宜裕が左足スーパーミドルで初得点。

東京五輪世代、最初のアピールだ。 浦和レッズユース所属の高校1年生FW邦本宜裕が、1点

記事を読む

gateflag

浦和、原口元気激励セレモニーに限りサポによるゲーフラ・旗・横断幕の掲出を解禁

3月のJリーグ第2節・サガン鳥栖戦において掲出された差別的ダンマクに対する自主的な制裁の一環として、

記事を読む

aaa

正念場の浦和、今こそサポーターの力が必要な時

コンフェデレーションズカップによるJ1中断期間まで好調を維持していた浦和だが、中断明けチームに暗雲が

記事を読む

浦和サポーター行進

上位決戦を前に場外乱闘!?浦和サポーターに鹿島サポーターが挑発・・・警察騒ぎに。

  2000年代に入ってからというものの、この2クラブの試合は非常にピリピリ

記事を読む

moriwaki

浦和サポに朗報!山田暢久らの引退セレモニーを「Reds Festa2014」で開催

昨シーズン限りで浦和との契約が満了した山田暢久だが、先日現役引退と浦和レッズのスタッフ入りを発表した

記事を読む

コメントしたり文句言ったり褒めてみたり

神戸コレオ
今週末のJリーグ。アウェイサポーターのコレオが凄いと言われて、見てみたら凄かった。

昨日、ガンバ大阪の藤春選手へのヴィッセルサポーターによるブーイングの記

藤春廣輝、神戸サポーターからブーイング。
神戸サポーター、リオ五輪オウンゴールの藤春廣輝に大ブーイングを浴びせ続ける

リオデジャネイロ五輪で、オーバーエイジとして出場したものの満足行く結果

中山雅史名言格言101
疲れてくると、『もういいか』と思う自分が出てくる。もう一方に『もういいかでいいのか』という自分がいる by中山雅史

疲れてくると、『もういいか』と思う自分が出てくる。もう一方に『もういい

中山雅史名言格言6
自分が4,5人ほしい。休まない自分と休む自分をくらべてみたい by中山雅史

自分が4,5人ほしい。休まない自分と休む自分をくらべてみたい &nb

中山雅史名言格言7
「ミスをしないために、言い訳をしないために、後悔しないために、チームが勝つために練習する」 中山雅史

「ミスをしないために、言い訳をしないために、後悔しないために、チームが

→もっと見る