広島がホーム開幕でコレオグラフィと巨大ゲーフラ!・・・も、ちょっとだけ惜しかった


ホーム開幕戦。いくらシーズンの1試合といえど、やはり独特の緊張感とワクワクする気持ちと、少しの不安が入り混じった特別な試合だ。

サポーターにとっても、長いオフシーズンから、まだかまだかと開幕を待ちきれない思いで迎える開幕戦は、やはりいつもより気合が入るものだ。

3連覇を目指すサンフレッチェ広島のサポーターも例外ではなかった。8日のホーム開幕戦に川崎フロンターレを迎えた広島は、2-1で勝利。

サポーターも試合前から気合十分で、選手を鼓舞するべく、コレオグラフィと巨大ゲーフラの掲出を行った。

ピッチには戦国武将・毛利家の家紋をあしらった旗、そしてスタンドはチームカラーである紫と、白のコントラストが彩ると、満を持して「HIROSHIMA」の巨大ゲーフラ。

hiroshimahantai[Twitter/@s0ccer1a]

「HIROSHIMA」の「S」が!

このあとすぐに反対に掲出していることに気がづき、しっかりと「HIROSHIMA」になるように修正した広島サポーターだったが、おっちょこちょいな一面を見せてくれたホーム開幕戦だった。

 

 

記事 – さぽーたるふっとぼーる副編集長


関連記事

rediavivi

総選挙1位・長崎ヴィヴィくんを何故か子分のように扱う浦和レディアさん

「FUJI XEROX SUPER CUP」内で行われた、Jリーグマスコット総選挙において、見事1位

記事を読む

t_h4_toto1

編集長のtoto日記「ベルマーレのが配当金上昇の鍵?」

こんちわ!!!(笑) ナビスコカップはほとんどの試合が後半戦となっていますが。。。 &nbs

記事を読む

risu

「禁断の移籍」を否定する浦和サポーターよ、日本のフットボールを愛しているか?

大宮アルディージャMF青木拓矢の浦和レッズ移籍が決定的となった。地元埼玉新聞を含む各紙が「移籍決定」

記事を読む

tokushimaflag

フォルラン効果ではないその理由。「徳島vsセレッソ大阪」チケット発売後即完売

最注目カードだ。 3月8日(土)に鳴門・大塚スポーツパーク ポカリスエットスタジアムで行われる

記事を読む

143846391_aaa

森下仁志、PK2本でクビ。主審とウーゴに恨み節。

  ジュビロ磐田は4日、森下仁志監督が退任したことを発表した。 森下監督は

記事を読む

sapporo

札幌サポが早速「あのダンマク」をパロディ。浦和サポとの実は深い関係

9日、札幌ドームで行われたコンサドーレ札幌vsモンテディオ山形の試合で、さっそく「あのダンマク」を掲

記事を読む

nishikawa chant

既存チャントと同じ原曲。浦和・西川周作のチャントがFC東京戦でデビュー!

今季、広島から浦和に加入した日本代表にも名を連ねるGK西川周作。ここまでリーグ戦全試合でスタメン出場

記事を読む

磐田2013第29節敗北

磐田降格がもたらす遠州クライシス

ジュビロ磐田が天皇杯三回戦の札幌戦に0-1で敗北した翌々日、たまたま静岡に帰省していた私は、

記事を読む

藤春廣輝、神戸サポーターからブーイング。

神戸サポーター、リオ五輪オウンゴールの藤春廣輝に大ブーイングを浴びせ続ける

リオデジャネイロ五輪で、オーバーエイジとして出場したものの満足行く結果を残せなかった藤春廣輝。

記事を読む

08040601

まさに妖精!中高生に伝えたいピクシー神業スーパープレーまとめ。

  名古屋のストイコビッチ監督が、今季限りで名古屋グランパスを退任することが

記事を読む

コメントしたり文句言ったり褒めてみたり

神戸コレオ
今週末のJリーグ。アウェイサポーターのコレオが凄いと言われて、見てみたら凄かった。

昨日、ガンバ大阪の藤春選手へのヴィッセルサポーターによるブーイングの記

藤春廣輝、神戸サポーターからブーイング。
神戸サポーター、リオ五輪オウンゴールの藤春廣輝に大ブーイングを浴びせ続ける

リオデジャネイロ五輪で、オーバーエイジとして出場したものの満足行く結果

中山雅史名言格言101
疲れてくると、『もういいか』と思う自分が出てくる。もう一方に『もういいかでいいのか』という自分がいる by中山雅史

疲れてくると、『もういいか』と思う自分が出てくる。もう一方に『もういい

中山雅史名言格言6
自分が4,5人ほしい。休まない自分と休む自分をくらべてみたい by中山雅史

自分が4,5人ほしい。休まない自分と休む自分をくらべてみたい &nb

中山雅史名言格言7
「ミスをしないために、言い訳をしないために、後悔しないために、チームが勝つために練習する」 中山雅史

「ミスをしないために、言い訳をしないために、後悔しないために、チームが

→もっと見る