「ファンはクラブ経営に関係ない」「私が投資して救ってやった」カーディフ・シティのオーナー、インタビューで自身の正当性を主張

公開日: : イングランド, 海外サッカー


プレミアリーグが海外からの投資を受け入れていることはご存知だろう。

マンチェスター・ユナイテッド、アーセナル、リヴァプールはアメリカ人によって経営され、マンチェスター・シティはアブ・ダビの投資グループ、チェルシーはロシア人のアブラモビッチ氏によって所有されている。

中位や下位、さらには下部リーグのチームを見渡しても、外資のオーナーがクラブ運営をしていることは、もはやそう珍しいことではないのだ。

今回はその外国人オーナーのひとり、マレーシア人のヴィンセント・タン氏が英BBCの単独インタビューに応じた。

 

 

カーディフ・シティの伝統を無視する横暴

今シーズン、プレミアリーグで戦っている、ウェールズの首都・カーディフに本拠地を置くカーディフ・シティは、マレーシア人オーナーのヴィンセント・タン氏によって運営されている。

2010年にカーディフ・シティを買収し、自身の財産を投資したタン氏は、約50年ぶりのトップリーグ昇格の立役者のひとりと言っていいかもしれない。

しかし、一方で、クラブを我が物(オーナではあるが)とし、100年以上の伝統を無視した傍若無人ぶりはサポーターから反発を招いている。

一番の原因は、クラブの象徴であるチームカラーとエンブレムの変更だろう。1908年から青のチームカラーと、鳥をクラブのシンボルとし、「ブルーバーズ」の愛称で親しまれてきたカーディフ・シティだが、タン氏は2012年に突如、チームカラーを赤に、エンブレムを鳥から龍に変更したのだ。

cardif[Photo:BBC NEWS]

その理由を、「赤は中国圏で慶事や喜びの色で、青は喪を意味するから」と説明し、また、鳥から龍への変更も、龍が中国圏で崇められるているためとされていたが、今回のインタビューでは「ウェールズの国旗」から龍を取り入れたと説明した。

クラブの伝統より、アジア戦略を選んだタン氏に反発するカーディフの地元サポーターは少なくない。

さらに、チームを昇格に導き、プレミアリーグでも善戦していたマッケイ監督を解任したタン氏に反対の声は高まる一方だった。

解任に反対するサポーター

それを受けてか、今回の英BBCの単独インタビューに応じたタン氏は、ファンについて言及した。

「反対しているのは少数派。どれだけ良いことをしたって反対する人たちはいるものだ。90%のファンは私を支持しているから問題ない。」

「ファンはクラブ経営には関わっていない。反対するファンに言いたいのは、(破産寸前だった)クラブに多額の投資をして救ったのは私だということだ。そして51年ぶりにプレミアリーグへ昇格させた。」

「もし私がいなかったら、クラブは困難に直面していた。」

と語り、さらには「反対派は謝罪するべきだ」と強気の姿勢を示した。

また、変更したチームカラーと自身の進退について

「私がオーナーである限り、青に戻すことはない。」

「オーナーを辞めるつもりもない。やってられない程ファンが強く反対しない限りね。」

「そんなに青がいいなら、青にしてくれるお金持ちを探してクラブを買えばいいさ。そうしたら私はまたどこかで赤のチームを作るよ。」

「赤にしてすぐにプレミアリーグに昇格できた。やはり赤色は縁起がいいってこと。」

と答え、マッケイ監督の解任については

「マッケイ監督はただラッキーだっただけ。カーディフに来て、多額のお金を使ってチームを強化することができたからね。」

「私の投資なしに昇格できたかと思うかい?」

と、やはりここでも自身の功績を主張した。

 

※インタビューの動画と記事はコチラ(全文英語)

Vincent Tan: Cardiff City owner insists he is not a ‘villain’ – BBC Sport

 

 

スタジアム内外でカーディフのサポーターは「#TanOut」のキャンペーンを行っており、リヴァプールのホーム・アンフィールドで居残り抗議を行った際にはリヴァプールのサポーターもカーディフサポーターを支持した。

現地時間2日に、アウェイでトッテナム・ホットスパーと戦うカーディフ・シティ。今回のインタビューを受けて、サポーターがどんな反応を見せるのか、注目だ。

 

 

記事 – さぽーたるふっとぼーる副編集長


関連記事

galarasaray

イスタンブールでふたりのチェルシーサポーターが襲われる│かつては死亡事件も

現地時間25日の夜、欧州チャンピオンズリーグ決勝トーナメント1回戦1st Leg、ガラタサライ戦の観

記事を読む

unitedgoogle

マンチェスター・ユナイテッドが世界中のファンをひとつに繋ぐ!リヴァプール戦で世界初の試み

アジアやアフリカを始め、世界各国に数億人単位でファンがいると言われる、マンチェスター・ユナイテッド。

記事を読む

everton away

92年以来の敗北、最高のサポートをしたエバートンサポに対し現地マンUサポは香川交代に不服

現地時間4日、ミッドウィークとなったこの日、プレミアリーグ第14節が各地で行われ、香川真司が先発に名

記事を読む

everton away2

「モイーズのクソサッカー」古巣エヴァートンサポがモイーズ監督のチャントを歌う

  [Photo:Twitter][/caption]  2002

記事を読む

Holligans Vallé 写真

Message from Sabadell

Message from Sabadell   CEサバデル-。

記事を読む

DSC00291

「ナカムラが懐かしいよ」現地サポーターの間で語り継がれている中村俊輔【さぽレポ@セルティック・パーク】

新シリーズ、サポーターやスタジアムに注目したサポーター目線による現地レポート、さぽレポ。 今回

記事を読む

etihad

マンチェスター・シティ、ホームスタジアムの改築・増設が決定

マンチェスター・シティのホームスタジアム、「エティハド・スタジアム」の増設が行政から承認された。

記事を読む

arsenalfan1

大敗を喫したアーセナルのサポーターが見せたやけくそな反応

現地時間2月8日に行われたプレミアリーグ首位攻防戦、リヴァプールvsアーセナルは意外な結果に終わった

記事を読む

hernanez crying

インテル移籍エルナネス、ラツィアーレの愛に涙

欧州の移籍市場最終日、長友佑都の所属するインテルにビッグネームが加わった。ブラジル代表にも名を連ねる

記事を読む

パンク2

フットボールとパンクロック~England’s Burning~

皆さんはパンクロックという音楽をご存知だろうか。 知らねえよそんなもんと思った方も、一度くらい

記事を読む

コメントしたり文句言ったり褒めてみたり

神戸コレオ
今週末のJリーグ。アウェイサポーターのコレオが凄いと言われて、見てみたら凄かった。

昨日、ガンバ大阪の藤春選手へのヴィッセルサポーターによるブーイングの記

藤春廣輝、神戸サポーターからブーイング。
神戸サポーター、リオ五輪オウンゴールの藤春廣輝に大ブーイングを浴びせ続ける

リオデジャネイロ五輪で、オーバーエイジとして出場したものの満足行く結果

中山雅史名言格言101
疲れてくると、『もういいか』と思う自分が出てくる。もう一方に『もういいかでいいのか』という自分がいる by中山雅史

疲れてくると、『もういいか』と思う自分が出てくる。もう一方に『もういい

中山雅史名言格言6
自分が4,5人ほしい。休まない自分と休む自分をくらべてみたい by中山雅史

自分が4,5人ほしい。休まない自分と休む自分をくらべてみたい &nb

中山雅史名言格言7
「ミスをしないために、言い訳をしないために、後悔しないために、チームが勝つために練習する」 中山雅史

「ミスをしないために、言い訳をしないために、後悔しないために、チームが

→もっと見る