「広島だったら行かなかった。サポーターが違うから」浦和・興梠、インタビューで明かす


1月31日、埼玉県のローカル局の浦和レッズ応援番組「REDS TV GGR」でインタビューに答えた浦和FW興梠慎三は、自身のサッカー人生についてや応援をしてくれるサポーターについて語った。

2013年、鹿島から浦和に移籍した興梠は、ミハイロ・ペトロヴィッチ監督のサッカーをその理由に挙げた。2011年、ナビスコ杯決勝で敵として戦った興梠は「浦和は個人技で押してくる」チームだと感じていたようだ。しかし、翌年ミハイロ・ペトロヴィッチ監督を迎えた浦和とホームで対戦し、1-3の完敗。そこで浦和は個人技中心のサッカーから組織でハードワークするサッカーへと変わったと実感したという。また、ペトロヴィッチ監督のサッカーは自分の理想のサッカーであったことも明かした。

そして、浦和から獲得のオファーが届いた際にはペトロヴィッチ監督のもとでサッカーをしたいと、移籍を決断。

デビュー以来から後押しをしてくれた鹿島サポーターに何も挨拶もできず移籍したことを気にかけていたようで、2013年5月に行われた埼玉スタジアム2◯◯2での鹿島戦でなんとしてもヒーローインタビューに選ばれ、鹿島サポーターへ感謝の気持ちを述べたかったことも語った。

その試合で誤審ながら決勝ゴールを決める形となった興梠は、ヒーローインタビューに呼ばれ鹿島サポーターへの感謝を口にした。

【動画】鹿島戦後のヒーローインタビュー

 

移籍の要因は「サポーター」

urawakorokikashima

[Photo:スクリーンショット/YouTube @C Red]

さらに、浦和移籍のひとつの理由となったのが「サポーター」の存在。2013年10月、2度目の古巣対戦となったカシマスタジアムでの鹿島戦で、浦和サポーターが興梠のチャントを歌いながら敵地へ乗り込む動画を見て、「涙が出そうなくらい嬉しかった」と感動したのと同時に、活躍できなかった自分を責めたという。

また、浦和サポーターは浦和で実績を残していない新加入選手に対しては、チャントはおろかコールさえもなかなか作らないことは知っていたようで、2013シーズンの第3節で自身のチャントが披露されたことは不思議に感じていたようだ。司会を務める浦和レッズOB水内氏は「第2節名古屋戦のアシストがサポーターの期待に答えたプレーだったからでは」と分析した。

最後に、水内氏が「ペトロヴィッチ監督のサッカーが理想なら広島時代に誘われていたら移籍していたか?」と質問すると、「行かないです。」と即答。

サポーターの数の違いを挙げ、鹿島時代から敵としてサポーターの数とアツさには感嘆していたといい、浦和サポーターを味方として、共に戦いたいという想いが移籍の一因になったようだ。

【動画】興梠のチャントで入場する浦和サポーター

 


関連記事

スクリーンショット 2013-09-22 23.30.58

衝撃スクープ!FC東京のヒットチャント、サマーライオンはパクリで二番煎じだった!?

先日、当サイトでも取り上げた、「FC東京の新チャント、サマーライオンが中毒性が高く、話題になっている

記事を読む

j2osaka

帰ってきた「ナショナルダービー」まずは浦和が「J2大阪コール」をお見舞い!

1日、ついに2014年のJリーグが開幕。日本のフットボール界に、楽しい週末が帰ってっきた。 今

記事を読む

gateflag

浦和、原口元気激励セレモニーに限りサポによるゲーフラ・旗・横断幕の掲出を解禁

3月のJリーグ第2節・サガン鳥栖戦において掲出された差別的ダンマクに対する自主的な制裁の一環として、

記事を読む

CA320045-1

優勝戦線・ACL出場枠争いへの生き残りを懸けた一戦。ハイプレスで主導権を握った鹿島が大差で制す!

カシマスタジアムで行われた、5位鹿島vs6位川崎。ともに優勝は厳しくなっているが、残り試合全

記事を読む

Jクロニカルベスト・ベストイレブン

J20周年クロニカルベスト。カズ、松田ら選出。ディフェンス陣は横浜勢が独占

Jリーグは17日、サポーター投票を募集していた「Jクロニクルベスト」の結果を発表した。 内容は

記事を読む

2014kaimaku

今週のJ1on地上波カンタンプレビュー!

もっともっと、私たちの自国リーグ、Jリーグを広め、文化として根付いてほしいという想いから考案された新

記事を読む

前田デスゴール

前田の呪い健在!デスゴールの伝説は実は継続中!!!!浦和は降格のピンチ?

前田の呪い・・・デスゴール・・・。 巷でまことしやかに囁かれる噂がある。それは、「前田遼一がシ

記事を読む

nishikawa chant

既存チャントと同じ原曲。浦和・西川周作のチャントがFC東京戦でデビュー!

今季、広島から浦和に加入した日本代表にも名を連ねるGK西川周作。ここまでリーグ戦全試合でスタメン出場

記事を読む

myfcceo

【続報】藤枝MYFC、開幕戦の応援を社員が仕切った件について社長がブログを更新

当サイトで、J3・藤枝MYFCの社員が、開幕戦となった町田ゼルビア戦で、まったく新しいコールやチャン

記事を読む

aaa

正念場の浦和、今こそサポーターの力が必要な時

コンフェデレーションズカップによるJ1中断期間まで好調を維持していた浦和だが、中断明けチームに暗雲が

記事を読む

Comment

  1. なし より:

    そりゃ広島サポと比べたら違うよな~。
    相手サポにケガさせたり、ツバ吐いたり、犯罪おかすようなサポーターもいないからね~(笑)

  2. 匿名 より:

    優勝した翌年に観客動員が下がるクラブより、「ホーム・アウェイ問わず、毎試合大勢が詰めかけて応援してくれる熱狂的なサポの前でプレーしたい」と思うのはフットボーラーとして当然なんだろうね。

  3. 匿名 より:

    っま 広島はオファーしないでしょう 寿人より点取れないFWはいりませんからw

  4. Teman Kara より:

    6年無冠でも多数のサポが集まるのは凄いね。浦和サポは素晴らしい。
    サポが少ないのに5年連続で浦和よりも高い順位を保ち、浦和がやったことのない連覇を果たしたのは凄いね。広島の選手は素晴らしい。

  5. 匿名 より:

    タイトルは、サポーターが違うではなくサポーターの数が違うと訂正したほうが良いと思います。タイトルだけで誤った解釈をされているようです。

    • 副編集長 より:

      コメントありがとうございます。
      タイトルの件ですが、インタビューで数の違いだけでなく応援の凄さ、アツさにも言及していたのでこのままで問題無いと判断しています。

  6. 匿名 より:

    うーん…。
    まぁ寿人とかガクトとかいるからオファーしないけど、そうはっきり言われるとね。
    簡単にリップサービスする興梠もアホウだけど(悪口はブーメラン)、
    この答えが出るようにリードしたインタブビュアーこそがクソ野郎だね。

  7. 匿名 より:

    副編集長に悪意を感じますね。煽るのやめろ。

    • 副編集長 より:

      コメントありがとうございます。
      どのあたりに悪意をお感じになったでしょうか?

  8. 匿名 より:

    まず広島が興梠を取ることは無かっただろうね
    そこはわかっておいてほしいよね

  9. 匿名 より:

    広島は強奪するのではなく、育てるチームですもんね。
    浦和とは違うのだよ。

  10. 匿名 より:

    タイトルだけ見て悲しくなりました。
    浦和のサポーターの熱意や動員は確かに素晴らしいものがあります。ならそれを言及すればいいのに、わざわざ広島を持ち出して比較させようとする質問は必要ないし、わざわざその部分を抜き出してタイトルにする必要もないです。
    広島サポが読んでいい気持ちのするものではないですよ。タイトルは煽りと言われても仕方ないです。

  11. 匿名 より:

    興梠別にとらないし。(広島ゴール裏サポ)

コメントしたり文句言ったり褒めてみたり

神戸コレオ
今週末のJリーグ。アウェイサポーターのコレオが凄いと言われて、見てみたら凄かった。

昨日、ガンバ大阪の藤春選手へのヴィッセルサポーターによるブーイングの記

藤春廣輝、神戸サポーターからブーイング。
神戸サポーター、リオ五輪オウンゴールの藤春廣輝に大ブーイングを浴びせ続ける

リオデジャネイロ五輪で、オーバーエイジとして出場したものの満足行く結果

中山雅史名言格言101
疲れてくると、『もういいか』と思う自分が出てくる。もう一方に『もういいかでいいのか』という自分がいる by中山雅史

疲れてくると、『もういいか』と思う自分が出てくる。もう一方に『もういい

中山雅史名言格言6
自分が4,5人ほしい。休まない自分と休む自分をくらべてみたい by中山雅史

自分が4,5人ほしい。休まない自分と休む自分をくらべてみたい &nb

中山雅史名言格言7
「ミスをしないために、言い訳をしないために、後悔しないために、チームが勝つために練習する」 中山雅史

「ミスをしないために、言い訳をしないために、後悔しないために、チームが

→もっと見る