ジェノアvsサンプドリアの灯台ダービー。ジェノアウルトラスの圧倒的なサポート実らず。


 

ジェノアダービー

イタリア国内で最もアツいダービーのひとつ。ジェノヴァダービー。

同じ街を本拠地とするライバルでありながら、イタリアで最も古いクラブのひとつと、最も新しいクラブのひとつという側面を持つこのカード。イタリアでのその他のダービーのように暴力的なシーンに発展することこそ少ないが、両ファンのプライドを刺激してやまない好カードである。

マルチェロ・リッピをはじめ、このカード自体のファンだという著名人もイタリアには多い。日本では「灯台ダービー」とも評されるジェノアとサンプドリアの一戦だが、例年の如く今回の戦いも凄まじいものとなった。
genoaultra
AP184298002390-540x305

ジェノアダービー

07b9ec310fc874154b04c0ba94f50bb1-10662-1391461084

 

本来は2日のランチタイムに開催が予定されていたこのカードだが、両クラブのティフォージが「夜にしろ」と大抗議。ボイコット騒ぎとなっていたが、無事3日に日程を変更し開催された。

‘‘今回は’’本拠地での試合となるジェノア。ホームの利を活かしてゴール裏とメインスタンドを盛大に使い、圧倒的な空気感で選手たちをサポート。

一方のサンプドリアのティフォージたちも、自分たちのらしさを活かしたフラッグで選手を奮い立たせる。

 

まさにダービーと言った空気感で始まったゲームだったが、試合も雰囲気に劣らない好ゲームとなった。

一進一退の攻防が続いたが、マキシ・ロドリゲスが奪ったゴールをサンプドリアが守りきり、ジェノアに勝利。この日、ジェノヴァの街を風を切って歩いたのはサンプドリアのファンと言うことになった。

サンプドリアティフォージ

 

なお、このカードは三浦知良がセリエA在籍中にゴールを決めたカードとして知られ、その後何年も経過してからカズがイタリアに訪れた際、「ダービーでゴールを決めてくれてありがとう」というメッセージがキャリーバッグにつけられていたという逸話も残る。

まさに長い時間をかけて歴史を作り上げてきたジェノヴァダービー。ジェノアのファンは次の対戦での逆襲を誓う。

 

 

記事/さぽーたるふっとぼーる


関連記事

ジェノアサポーター

セリエA・ジェノアサポーター。僅か200人でコレオグラフィ展開。

セリエA第28節。リヴォルノvsジェノアの一戦は1−0で、敵地アルマンドに乗り込んだアウェイのジェノ

記事を読む

コメントしたり文句言ったり褒めてみたり

神戸コレオ
今週末のJリーグ。アウェイサポーターのコレオが凄いと言われて、見てみたら凄かった。

昨日、ガンバ大阪の藤春選手へのヴィッセルサポーターによるブーイングの記

藤春廣輝、神戸サポーターからブーイング。
神戸サポーター、リオ五輪オウンゴールの藤春廣輝に大ブーイングを浴びせ続ける

リオデジャネイロ五輪で、オーバーエイジとして出場したものの満足行く結果

中山雅史名言格言101
疲れてくると、『もういいか』と思う自分が出てくる。もう一方に『もういいかでいいのか』という自分がいる by中山雅史

疲れてくると、『もういいか』と思う自分が出てくる。もう一方に『もういい

中山雅史名言格言6
自分が4,5人ほしい。休まない自分と休む自分をくらべてみたい by中山雅史

自分が4,5人ほしい。休まない自分と休む自分をくらべてみたい &nb

中山雅史名言格言7
「ミスをしないために、言い訳をしないために、後悔しないために、チームが勝つために練習する」 中山雅史

「ミスをしないために、言い訳をしないために、後悔しないために、チームが

→もっと見る