町田ゼルビア・クルヴァマチダ、2014年のサポーターミーティング開催を発表。


クルヴァマチダHPより引用

クルヴァマチダHPより引用

J3・町田ゼルビアの中心サポーターグループ「CURVA MACHIDA(クルヴァマチダ)」は、2014年2月2日に2014年のサポーターミーティングを町田市立国際版画美術館で開催するとHP上で発表した。

議題内容は町田ゼルビアの応援活動についてで、特に細かい記事は設けず、参加者の意見をもとに議論・意見交換を行っていくとしている。過去の開催ではボランティア活動や応援スタイル、ブーイングなどについて意見が交換された。

参加にあたっては、参加費と事前申し込みは不要とし、町田ゼルビアサポーターであれば誰でも参加できるとしている。当日参加できないサポーターのために、メールでも意見を募っているようだ。

開場は12時。詳しくはこちらのリンクから

 

また、当日はFリーグ・ペスカドーラ町田のホームゲームが開催されるので、Twitterアカウント「町田ゴール裏事務局」はそちらへの参加も平行して呼びかけている。

 

 
今年発足のJ3だが、J2経験クラブとして飛躍が期待される町田。
サポーターはクラブを良くするためにも、サポーターミーティングへ参加してみてはいかがだろうか。

 
記事/さぽーたるふっとぼーる
 


関連記事

lecongvinh nono

【動画】ベトナムの英雄レ・コン・ビンが来日初アシスト

今夏J2コンサドーレ札幌に新加入した''ベトナムの英雄''ことレ・コン・ビンが、来日初アシストを決め

記事を読む

ヴァリエンテ富山

ヴァリエンテ富山サポーター?が、今シーズンの発煙筒使用を示唆。

北信越リーグ・ヴァリエンテ富山のサポーターと思われる人物が今月24日、YouTube上にて2

記事を読む

omiyabus

横浜に乗り込む!大宮、開幕戦バスツアー募集開始!・・・も、サポは賛否両論?

[Photo:大宮アルディージャ公式Twitter/@Ardija_Official][/capt

記事を読む

marinos

6万人の日産スタジアムで感じた違和感

先日、日産スタジアムで横浜Fマリノスとアルビレックス新潟の試合を観戦した。 事前情報では前売り

記事を読む

前田デスゴール

前田の呪い健在!デスゴールの伝説は実は継続中!!!!浦和は降格のピンチ?

前田の呪い・・・デスゴール・・・。 巷でまことしやかに囁かれる噂がある。それは、「前田遼一がシ

記事を読む

徳島

J1が知らない、徳島ヴォルティスサポーター“3つ”のスタイル

今年は徳島ヴォルティスがJ1に初チャレンジする。 昨年末に行われたJ2昇格プレーオフに進出

記事を読む

sousenkyo

ベガッ太2連覇なるか?Jリーグマスコット総選挙開催中!

目を覆いたくなるような海外のマスコット達とは対照的に、「ゆるキャラ」ブームなどをはじめマスコット先進

記事を読む

aaa

正念場の浦和、今こそサポーターの力が必要な時

コンフェデレーションズカップによるJ1中断期間まで好調を維持していた浦和だが、中断明けチームに暗雲が

記事を読む

lotte

千葉の誇り。ジェフユナイテッド千葉と千葉ロッテマリーンズの間で行われている「チャント交換」とは?

日本で一番人気があるスポーツ、サッカーと野球。Jリーグクラブとプロ野球チームをともに応援しているサポ

記事を読む

DSC02934eltokyo

喚くだけの浦和サポーター。脊髄反射レベルの批判ダンマクに説得力なし

Jリーグが震災を境に観客動員数を落としている。 Jリーグ開幕から日韓ワールドカップまでの10年

記事を読む

コメントしたり文句言ったり褒めてみたり

神戸コレオ
今週末のJリーグ。アウェイサポーターのコレオが凄いと言われて、見てみたら凄かった。

昨日、ガンバ大阪の藤春選手へのヴィッセルサポーターによるブーイングの記

藤春廣輝、神戸サポーターからブーイング。
神戸サポーター、リオ五輪オウンゴールの藤春廣輝に大ブーイングを浴びせ続ける

リオデジャネイロ五輪で、オーバーエイジとして出場したものの満足行く結果

中山雅史名言格言101
疲れてくると、『もういいか』と思う自分が出てくる。もう一方に『もういいかでいいのか』という自分がいる by中山雅史

疲れてくると、『もういいか』と思う自分が出てくる。もう一方に『もういい

中山雅史名言格言6
自分が4,5人ほしい。休まない自分と休む自分をくらべてみたい by中山雅史

自分が4,5人ほしい。休まない自分と休む自分をくらべてみたい &nb

中山雅史名言格言7
「ミスをしないために、言い訳をしないために、後悔しないために、チームが勝つために練習する」 中山雅史

「ミスをしないために、言い訳をしないために、後悔しないために、チームが

→もっと見る