町田ゼルビア・クルヴァマチダ、2014年のサポーターミーティング開催を発表。


クルヴァマチダHPより引用

クルヴァマチダHPより引用

J3・町田ゼルビアの中心サポーターグループ「CURVA MACHIDA(クルヴァマチダ)」は、2014年2月2日に2014年のサポーターミーティングを町田市立国際版画美術館で開催するとHP上で発表した。

議題内容は町田ゼルビアの応援活動についてで、特に細かい記事は設けず、参加者の意見をもとに議論・意見交換を行っていくとしている。過去の開催ではボランティア活動や応援スタイル、ブーイングなどについて意見が交換された。

参加にあたっては、参加費と事前申し込みは不要とし、町田ゼルビアサポーターであれば誰でも参加できるとしている。当日参加できないサポーターのために、メールでも意見を募っているようだ。

開場は12時。詳しくはこちらのリンクから

 

また、当日はFリーグ・ペスカドーラ町田のホームゲームが開催されるので、Twitterアカウント「町田ゴール裏事務局」はそちらへの参加も平行して呼びかけている。

 

 
今年発足のJ3だが、J2経験クラブとして飛躍が期待される町田。
サポーターはクラブを良くするためにも、サポーターミーティングへ参加してみてはいかがだろうか。

 
記事/さぽーたるふっとぼーる
 


関連記事

徳島

J1が知らない、徳島ヴォルティスサポーター“3つ”のスタイル

今年は徳島ヴォルティスがJ1に初チャレンジする。 昨年末に行われたJ2昇格プレーオフに進出

記事を読む

00251024-031725.jpg

3000億円もかかるの!?新東京国立競技場の建設費、あまりにも膨大で縮小検討。

 下村博文五輪担当相は23日の参院予算委員会で、2020年東京五輪の会場として8万人を収容する新

記事を読む

coreo2

サポーターを無視したJリーグ主導のコレオグラフィに実施する価値なし

  カップファイナル。 Jリーグ開幕以来、Jリーグのカップタイトルとし

記事を読む

00250801-221053.jpg

J2横浜FC、あのパトリック・ヴィエラ獲得へ

 横浜FCがパルメイラス(ブラジル)から期限付き移籍でMFパトリック・ビエラ(21)を獲得する

記事を読む

BXknvWCCQAA-Kxw.jpg-large

“王国”の座は清水に。ダービーで敗れプライドも失ったジュビロ、99%降格決定。

荒れた。そして負けた。 崖っぷちのジュビロ磐田。負ければ甲府の結果次第で降格が決定する中、相手

記事を読む

サッカーマガジン宮本恒靖編集長

ツネ様編集長!宮本恒靖、サカマガ編集長就任へ。

    衝撃ニュースだ。 元日本代表宮本恒靖が、サッカーマガジ

記事を読む

浦和サポ2ステージ反対

2ステージは断固反対!浦和レッズサポーターの抗議ダンマクまとめ。

Jリーグを騒がせている2ステージ&ポストシーズン問題。 苦境に立たされているJリーグの

記事を読む

kofu

【追記│代替地決定】J1開幕戦、甲府vs鹿島は積雪の影響で中止。鹿島は募金の実施を発表

3月1日に、山梨中銀スタジアムで行われる予定だったJ1開幕戦、ヴァンフォーレ甲府vs鹿島アントラーズ

記事を読む

nobuhisa2

【追記・公式発表】浦和、山田暢久を戦力外 – サポーターは戸惑い

20日、浦和レッズは山田暢久との契約を延長しないことが明らかになった。日刊スポーツが報じている。

記事を読む

fckaiserslauternfanswol

飛行機のすゝめ

 サポーターの遠征の手段は様々だ。飛行機、新幹線、夜行バス、青春18きっぷを駆使した鈍行、そして

記事を読む

コメントしたり文句言ったり褒めてみたり

神戸コレオ
今週末のJリーグ。アウェイサポーターのコレオが凄いと言われて、見てみたら凄かった。

昨日、ガンバ大阪の藤春選手へのヴィッセルサポーターによるブーイングの記

藤春廣輝、神戸サポーターからブーイング。
神戸サポーター、リオ五輪オウンゴールの藤春廣輝に大ブーイングを浴びせ続ける

リオデジャネイロ五輪で、オーバーエイジとして出場したものの満足行く結果

中山雅史名言格言101
疲れてくると、『もういいか』と思う自分が出てくる。もう一方に『もういいかでいいのか』という自分がいる by中山雅史

疲れてくると、『もういいか』と思う自分が出てくる。もう一方に『もういい

中山雅史名言格言6
自分が4,5人ほしい。休まない自分と休む自分をくらべてみたい by中山雅史

自分が4,5人ほしい。休まない自分と休む自分をくらべてみたい &nb

中山雅史名言格言7
「ミスをしないために、言い訳をしないために、後悔しないために、チームが勝つために練習する」 中山雅史

「ミスをしないために、言い訳をしないために、後悔しないために、チームが

→もっと見る