Jリーグと発煙筒・・・歴史とこれからの行く末。


サポーター関連の記事を書くサイトということもあり、当サイトで時たま触れるのが発煙筒。

その度に「Jでも発煙筒を使ってほしい!」という意見や、「発煙筒使っときゃアツいサポートとでも思ってんのかよニワカ」みたいな賛否両論を頂くのが恒例となっている。

使用の是非はともかく、視覚的に刺激的であり、非日常な空間を演出することができる発煙筒。ヨーロッパや南米のサポーターだけが持つ特権かと思いきや、実はJリーグでもそれなりに使われているのだ。

 

EL camino de UKさんのブログより画像引用(http://blog.goo.ne.jp/yama0124)

EL camino de UKさんのブログより画像引用(http://blog.goo.ne.jp/yama0124)

2011年。ガンバ大阪や名古屋、鹿島のサポーターがACLでの韓国遠征にて発煙筒を使用。その後に各サポーターは無期限のスタジアム入場禁止措置が相次いでとられ、鹿島に関しては5000ドルの罰金がクラブに課された。

もちろんJリーグでは禁止されていたが、ACL(特に韓国)では使用はギリギリセーフ!という風潮があっただけに、大きな波紋を呼んだニュース。

それ以来、Jリーグのサポーターがスタジアムで発煙筒を炊くことはめっきりなくなった。昨年には浦和サポーターが清水エスパルスの選手バスに特攻。発煙筒や爆竹を投げつけて騒ぎを起こしたが(犯人は永久追放処分)、日本のスタジアムではコリンチャンスサポーターがクラブワールドカップで炊いたのが最後だろうか?

 

 

いや、ACアルマレッザ飯能のサポーターが、関東2部の熊谷で炊いているのが最後かもしれない。

 

 

今回の記事ではそんな発煙筒について、ササっとまとめてみたいと思う。

 

 

クラブ主導というやり方

さて、Jリーグでは観客による発煙筒使用は禁止となっているが、実はクラブ手動で行えばセーフだったりする。

例えば2002年のJリーグ開幕戦。当時はまだ降格候補でしかないFC東京と、前年王者鹿島アントラーズの一戦。

引用http://www.hitoe.net/photo/sonota2002/index2.html

引用http://www.hitoe.net/photo/sonota2002/index2.html

http://park1.wakwak.com/~seikon/html/1maitop.htm

http://park1.wakwak.com/~seikon/html/1maitop.htm

味の素スタジアムのゴール裏からは、こんな風にモクモクと発煙筒が炊かれた。これは通常であればルール違反だが実はよく見ると

http://www.hitoe.net/photo/sonota2002/index2.html

http://www.hitoe.net/photo/sonota2002/index2.html

観客席ではなく、トラックの上(味スタにトラックはないのだが)に設置されている。

 

>キックオフ寸前、FC東京のサポーターソング「WE’LL NEVER WALK ALONE」の合唱が終わると、間髪いれずに、ゴール裏が青赤の煙に包まれた。

>昨年の発煙筒事件に続き、「今年もやっちゃった?」かと思われたが、それにしては煙の量が多い。
>その様子は、ほとんどセリエAのパルマやローマのよう。ゴール裏は、青赤の煙に完全に包まれていた。なんとこれは、主催者FC東京の演出だったのだ。
>Jリーグの試合では、発煙筒は禁止されている。しかし、それはサポーターのみ。主催者がこれを使うことを禁じたルールなどない。そこをついたFC東京フロントの頭の柔らかさには、ほんとうに笑わせられる。
>俺らサポが、やりたくてもできないことを、チームがやっちゃう。こんなチームが、ほかにあるだろうか?
  (参照:http://fcbold.net/HTML/page031.html)

調べるとこのように、この件での発煙筒はFC東京のクラブ手動で行われたようだ。

実はFC東京サポーターはそれ以前からちょろちょろ発煙筒を炊いていたのだが、その度に怒られていた模様。さすがにダメだ・・・けど炊きたい!ということで、このクラブ主導という裏技にたどり着いたのだと推測する。

ちなみにこの試合はダークホースFC東京が、王者鹿島を4−2で撃破。センセーショナルな開幕を飾り、Jリーグに大きなインパクトを与えた。サポーターとクラブの「発煙筒」という演出が、ピッチ上の選手たちに大きな影響を与えたのは間違いないだろう。今も尚、FC東京サポーターが語り継ぐ名試合にはこんなシーンもあったのだ。

 

2001年J開幕戦 http://park1.wakwak.com/~seikon/html/1mai003.htm

2001年J開幕戦で発煙筒を炊く瓦斯サポ http://park1.wakwak.com/~seikon/html/1mai003.htm

 

 

その他では京都サンガが西京極で発煙筒を使用したことがあった。画像は2008年のもの。

これもサポーターではなくクラブ主導であることが確認されている。

FC東京のような直置きスタイルではなく、台をセットしているのが特徴。ある程度高さが出るため、相手側のゴール裏からは、さもサポーターが炊いたかのように見えるかもしれない。

http://cap2006.blog65.fc2.com/blog-date-200803.html

http://cap2006.blog65.fc2.com/blog-date-200803.html

http://cap2006.blog65.fc2.com/blog-date-200803.html

http://cap2006.blog65.fc2.com/blog-date-200803.html

 

 

記憶に新しいところだと、昨年の2012年。J2でのガンバ大阪vsヴィッセル神戸戦でも発煙筒が炊かれた。

これもまたクラブ主導の演出であり、優勝候補対決にふさわしい雰囲気作りが出来たことだろう。

http://kobe.kensyusokko.com/2012/03/11/gamba-vs-kobe-2012/

http://kobe.kensyusokko.com/2012/03/11/gamba-vs-kobe-2012/

http://4travel.jp/travelogue/10772992

http://4travel.jp/travelogue/10772992

 

 

発煙筒は2006年の大阪ダービーでも炊かれた。

セレッソとの対決はとにかくヒートアップするので、サポーターが勝手に炊いちゃってもおかしくなさそうなものだが。

http://blogs.yahoo.co.jp/gambattaro/GALLERY/show_image.html?id=7410896&no=0

http://blogs.yahoo.co.jp/gambattaro/GALLERY/show_image.html?id=7410896&no=0

 

実はガンバのサポーターは合法・違法、スタジアム内外、国内外を合わせると、Jリーグの中でも一番発煙筒を炊いてるんじゃないか?ってぐらいしょっちゅうモクモクしている。

なので、実際にはよく調べないとどれがクラブ主導かわからないほどなのだが、とりあえずこれらは「合法」のようだ(笑)

 

 

とまあこんな具合に、発煙筒の使用が許されていないJリーグではクラブが先陣を切って発煙筒を使用することがある。

海外のコワモテサポーターからすると「何ぬりいことやってんだ?んお?」みたいなことを言われてしまうかもしれないが、アットホームさを売りにしているのが我がJリーグ。これはこれでありということにしておこう。

 

こういう演出は選手のテンションも、サポーターのアツさも上げてくれる。喉や肺は弱い人にはキツかったり、そもそも試合が見えにくくなったりとクラブ主導でも問題はあるのだが、たまにはこういう演出があるのも悪くないだろう。

 

 

 

無許可系もちらほら

 

さてさて。クラブ主導の発煙筒は基本的には陸上トラックなどがあり、それなりに「火の元」から人を離すことの出来る場所で行われる。

なので、ゴール裏のど真ん中で普通に発煙筒が炊かれた場合には大概が「違法」となるわけだが、いくらおとなしいJリーグサポーターでもそれなりに羽目を外すことはあるようだ。

例えばこちら

http://kamaitachi.seesaa.net/category/325519-5.html

http://kamaitachi.seesaa.net/category/325519-5.html

http://kamaitachi.seesaa.net/category/325519-5.html

http://kamaitachi.seesaa.net/category/325519-5.html

http://vissel.fc2web.com/soccer05.html

http://vissel.fc2web.com/soccer05.html

 

これは2005年のヴィッセルvsガンバの「阪神ダービー」。明らかにゴール裏の中央から発煙筒が使用されているのが確認できる。

ホムスタことノエスタこと神戸ウイングスタジアムは、サッカー専用スタジアムであり屋根もある。万博等の陸上競技場とは違って煙は抜けにくいし、ピッチと観客席の距離も近い。恐らくクラブが主導しても発煙筒が使えないクラスのスタジアムだろう。

しかしこうして使用されたのはライバル・ガンバとの一戦だからこそ。

サポーターの熱が伝わるワンシーンだ。

 

2

 

omiya4

http://www.ub-snake.com/

 

http://www.ub-snake.com/

http://www.ub-snake.com/

http://www.ub-snake.com/

http://www.ub-snake.com/

http://www.ub-snake.com/

http://www.ub-snake.com/

こちらはレッズサポーター。写真はJ2時代、大宮とのさいたまダービーでのヒトコマ。

紙吹雪と発煙筒の同時期用は、クレスポとバティストゥータとか中村俊輔と本田圭佑とかそんなレベルの同時起用ではない(笑)

この時代はまだ比較的緩かったのか、レッズサポーターは割と頻繁にモクモクしている。

Jリーグの注目度が一番低かった時代でもあるし、ネットも今ほどに発達してなかったから緩かったのかもしれない。

ガンバも多いが、レッズも発煙筒使用はトップクラス。赤や黒のチームカラーによく映えるのが特徴だ。

http://www.ub-snake.com/

http://www.ub-snake.com/

もちろんアウェイだけでなく、自分たちのホームである駒場でも炊いている。

http://www.geocities.co.jp/Athlete/1025/atubetu729.html

http://www.geocities.co.jp/Athlete/1025/atubetu729.html

そしてこれは厚別でのコンサドーレ戦。
ちなみにコンサドーレとレッズというカードは昔は結構アツかった。色もかぶってるし、強さも客入りもいろいろと同じくらいだった時代が一瞬だけどあった。
いつの間にか廃れてしまったが、サポーター同士もヒートアップする好カードだったのだ。

ちなみに厚別では浦和だけでなく、ベガルタサポーターも発煙筒を使用している記録が残っている。

http://blogs.yahoo.co.jp/itumoihima/52277206.html

http://blogs.yahoo.co.jp/itumoihima/52277206.html

こっちは2007年の最終戦。日産スタジアム。

最下位横浜FCに最終節で敗れ、直前で優勝を逃した浦和サポーターだが、怒った勢いでこの発煙筒を選手に向かって投げ入れた。日産2階席の高さから投げ入れた発煙筒はいろんな意味で危ない。
発煙筒はあっても良いと思うが、怒った腹いせにこういうのはあってはならないと強く感じる。

 

 

 

偽物系もちらほら

発煙筒は日本では禁止。ならば発煙筒じゃない奴を発煙筒っぽくしてしまえ!

こんな風にグレーゾーン的発想を考えるサポーターたちもいる。

 

http://www.geocities.co.jp/Athlete-Crete/3794/hokakan/20001123.htm

http://www.geocities.co.jp/Athlete-Crete/3794/hokakan/20001123.htm

kanch.run.buttobi.net

kanch.run.buttobi.net

これはレイソルサポーター。
使用しているのはなんと「ドライアイス」(笑)

よく思いついたな・・・と言った感じだが、こんなバカげたことはユーモア感覚にあふれるレイソルサポーターだからこそ出来る技かもしれない。こういう突飛なセンスは案外海外の人たちは持ってなかったりするもので、これはJリーグというか日本人ならではの「工夫」でもある。

http://www.geocities.jp/penguin_size/smb/press/press014.htm

http://www.geocities.jp/penguin_size/smb/press/press014.htm

ちなみにレイソルは柏の葉にスタジアムを移転する問題の際、抗議の意味で発煙筒を炊きピッチに投げ入れたことがあった。

 

日立台を愛するが故の行動だったが、「サポーター=過激」の印象を、まだサッカーへの理解が浅い世間に根付かせた、最初の出来事だったかもしれない。

 

発煙筒

http://blog-imgs-18.fc2.com/d/e/e/deepredmushroom/20060819-5.jpg

http://blog-imgs-18.fc2.com/d/e/e/deepredmushroom/20060819-5.jpg

http://blog.livedoor.jp/football_wcup/archives/2473537.html

http://blog.livedoor.jp/football_wcup/archives/2473537.html

これらは鹿島サポーターによる発煙筒・・・かと思いきや、「バルサン」である。

バルサンと言えばゴキブリ退治の際に使用する殺虫剤。発煙筒の煙も体に良くはないと思うが、それ以上になんとも不健康そうな煙である。

ちなみに地元のヤンキーに着火させたため、これを計画した鹿島のサポーターグループのインファイトはお咎めがなかったと言われている。

 

これをきっかけに、等々力競技場では殺虫剤の持ち込みも制限されるようになったとか。

鹿島サポの名誉?のために書いておくが一応、本物も炊いている。

 

 

 

スタジアム外で炊く

スタジアムがダメならスタジアムの外で!

海外の興奮したサポーターもよく道で発煙筒を炊いているが、日本のサポーターもスタジアム外で羽目を外すことはしばしば。

 

こちらはF・マリノスサポーター。アウェイ新潟でアルビレックスを6−0の大差で下した後に発煙筒を点火。

「マリノスサポーター常識ないよ〜」という女性の声とともに、ネット上で物議を醸した。
日本でもこんなことがあるとサポーター同士の小競り合いになったりするものだが、さすがに6点差で負けた後だけに新潟サポーターも文句を言えなかったとかなんとか。

 

ナビスコガンバ

 

こちらはガンバ大阪。2007年のナビスコ優勝後、サポーターが選手バスを囲んで大騒ぎ。発煙筒だけでなく爆竹や花火も飛び出しヒートアップした。

 

http://livedoor.blogimg.jp/zeileague/imgs/c/d/cd47ba3c.jpg

http://livedoor.blogimg.jp/zeileague/imgs/c/d/cd47ba3c.jpg

 

リーグ初制覇後の浦和サポーター。

浦和駅前で大騒ぎ。優勝したときぐらいは許してあげても良いのかな、と感じるのは日本人的でないのだろうか。

 

 

 

 

Jリーグと発煙筒

今回は主に国内での発煙筒について取り上げた。ACLでたくさん発煙筒が炊かれていることや、代表戦で韓国サポーターやオーストラリアサポーターに見せつけられたこともあったのも把握している。今回取り上げていない事例がまだまだあるだろう。(アビスパサポーターやベガルタサポーターの情報が出てこないので募集中)

しかし、全てについてここで取り上げることが出来ないので、その点はご了承願いたい。

 

 

発煙筒だけがサポートのやり方ではないし、日本人の感覚からは少々ズレているツールでもある発煙筒。何かと使用が問題視される厄介者でもある。

だが、そもそも発煙筒はどうして禁止されているのか?と紐解くと、「人に危害を加える可能性があるから」に過ぎない。であれば、人に危害を加えないやり方や手順をしっかりと整理すれば、日本でも使用して良いのではないかと考える。

火というのは人間の歴史と共に歩んできたツールだ。闘争本能を高め、人間を興奮状態にする作用がある。誰もが夏の花火大会でテンションがあがった経験があるだろう。

それと同じように、うまく使えば選手の士気を高めるし、その一戦の価値も高まっていくだろう。

火事だけは気をつけて、怪我や火傷は自己責任で良いのではないだろうか。

 

 

ultras

 

Jリーグは子供や女性も訪れることのできる、平和で安全なスタジアムを目指している。

その理念や方向性に間違いはないと思うし、世界に誇れるJリーグの良さでもあるのは間違いない。だからこそ発煙筒や過激なサポーターはアレルギー反応で毛嫌いされるし、世間からそれなりのバッシングも受ける。

 

だが、発煙筒が必ずしもその理念と正反対にあるツールではないはずだ。

花火大会やキャンプファイヤー、地方の祭り事のように、うまく使えばその空間をエンターテイメント性でいっぱいにすることができる。

いつの日か、安全で平和だが、刺激的で非日常な空間を楽しめるリーグへとJリーグが変わっていけば良いなと思う。

 

記事/さぽーたるふっとぼーる

 

※尚、当サイトで掲載している画像・動画などの肖像権・著作権等は各権利所有者に全て帰属致します。

画像や動画に関して問題があればご連絡ください。確認後、早急に適切な対処をさせて頂きます。宜しくお願い致します。

 


関連記事

NIPPON FOREVER IN OUR SHADOW

日豪戦。オージーファンとの舌戦。

Do you remember this banner? 日本がブラジルへの切符を一番

記事を読む

gateflag

浦和、原口元気激励セレモニーに限りサポによるゲーフラ・旗・横断幕の掲出を解禁

3月のJリーグ第2節・サガン鳥栖戦において掲出された差別的ダンマクに対する自主的な制裁の一環として、

記事を読む

内田篤人

増加する『顔ファン』と、選手のアイドル化。サポーターなら時には厳しくあれ。

  最近、顔の整ったサッカー選手をアイドル化し、特にサッカーのことはわからな

記事を読む

280751cac997c49c1b4c63cb242f28d2

【J1第9節 浦和×仙台】 両者疲れの見える試合でドロー。中断期間へ – 現地レポート

ACLの影響で延期されていた第9節の浦和×仙台が29日、埼玉スタジアムで行われた。 平日開催と

記事を読む

2014kaimaku

今週のJ1on地上波カンタンプレビュー!

もっともっと、私たちの自国リーグ、Jリーグを広め、文化として根付いてほしいという想いから考案された新

記事を読む

lotte

千葉の誇り。ジェフユナイテッド千葉と千葉ロッテマリーンズの間で行われている「チャント交換」とは?

日本で一番人気があるスポーツ、サッカーと野球。Jリーグクラブとプロ野球チームをともに応援しているサポ

記事を読む

aaa

正念場の浦和、今こそサポーターの力が必要な時

コンフェデレーションズカップによるJ1中断期間まで好調を維持していた浦和だが、中断明けチームに暗雲が

記事を読む

syourinoemiwo

ブラジルの地で響いた新チャント「勝利の笑みを 君と」。松本山雅も続く

日本サッカー協会が2014FIFAワールドカップの応援歌として公認している、Mr.Childrenの

記事を読む

nel

柏・ネルシーニョ監督が辞任を表明

柏に衝撃が走った。31日に行われたJリーグ第24節の鹿島アントラーズ戦に1-3で敗れた柏レイソルのネ

記事を読む

maxresdefault

フィギュアスケート鈴木明子の演技が神戸讃歌だと話題に

フィギュアスケートSPで演技を披露した、鈴木明子選手。 彼女が今回のプログラムで採用したのは「

記事を読む

Comment

  1. 匿名 より:

    ベガルタサポが厚別で発煙筒を炊いたというのは、あれは2000年6月1日の厚別での試合。あれ炊いたのはベガルタサポというか、ベガルタサイドに紛れ込んだ地元(札幌)の高校生だったかと。

    • sapofuto より:

      そうなんですね、、、。ベガルタサポーターではなかったのですか。にしてもすごいお話ですね。高校生は何がしたかったのか。

      一応、仙台での札幌戦も発煙筒が炊かれたという記録があるのですが、何かご存知でしょうか。

  2. 匿名 より:

    ゴール裏限定なら楽しいかもしれません
    応援するためだけに来てる人たちだから
    雰囲気はかっこいいし

    でも煙は流れるものですし
    他のエリアにいる子どもが喘息かも分からないのに
    点けるのはどうかと思いますね
    一生懸命走ってる選手にとっても煙がいいとは思えない

    • sapofuto より:

      おっしゃる通りだと思います。
      サッカーには発煙筒が使われることもある、、、というのがある程度の常識となれば、喘息であれば対応できるかもしれません。まだまだ日本で使用するには問題が多いですね。

  3. 匿名 より:

    去年は2013年ですよ~!

  4. 元・舞台演出 より:

    Jリーグの発煙筒規制(火気持ち込み禁止)は火災防止の為でしょう。
    ※スモークマシンの使用は消防署の許可が要るはずです

コメントしたり文句言ったり褒めてみたり

神戸コレオ
今週末のJリーグ。アウェイサポーターのコレオが凄いと言われて、見てみたら凄かった。

昨日、ガンバ大阪の藤春選手へのヴィッセルサポーターによるブーイングの記

藤春廣輝、神戸サポーターからブーイング。
神戸サポーター、リオ五輪オウンゴールの藤春廣輝に大ブーイングを浴びせ続ける

リオデジャネイロ五輪で、オーバーエイジとして出場したものの満足行く結果

中山雅史名言格言101
疲れてくると、『もういいか』と思う自分が出てくる。もう一方に『もういいかでいいのか』という自分がいる by中山雅史

疲れてくると、『もういいか』と思う自分が出てくる。もう一方に『もういい

中山雅史名言格言6
自分が4,5人ほしい。休まない自分と休む自分をくらべてみたい by中山雅史

自分が4,5人ほしい。休まない自分と休む自分をくらべてみたい &nb

中山雅史名言格言7
「ミスをしないために、言い訳をしないために、後悔しないために、チームが勝つために練習する」 中山雅史

「ミスをしないために、言い訳をしないために、後悔しないために、チームが

→もっと見る