C大阪・フォルランのチャントに高まる期待。王道か、ネタ曲か。


セレッソ・フォルラン

ウルグアイ代表であり前回W杯の得点王、MVPであるディエゴ・フォルランのセレッソ大阪への加入が決まった。

年俸は6億とも噂され、久しぶりの世界的ビッグスターの来日にサッカーファンは大盛り上がりだ。

 

早くも柿谷曜一朗とのコンビネーションや、日本で活躍が出来るのかどうかに注目が集まっているが、サポーターであれば気になるのが「フォルランのチャント」である。

ROUを中心としたセレッソコアサポーターがどんな曲を作るのか、フォルランがメロディを気に入りゴールを量産するのか?オフシーズンのサポーターの妄想は止まらない。

ここではTwitter上でのフォルランチャントについてまとめてみた。

 

 

  同じ気持ちである。            

あめあめフォルラン  

  ナウシカ?

 

   

 

 

 

 

 


 

 

色々と盛り上がってるフォルランチャント予想だが、ツイッターを見る限りでは魂のルフラン(ふぉるらん)など、ダジャレ系の曲をファンは期待しているようだ。

ポピュラーソングで行くのか、サポ王道系のメロディで行くのか、それともコール系か。

 

セレッソの新背番号10に益々の注目が集まる。

 

 追記

こちらに決まったようです。

記事/さぽーたるふっとぼーる

 

 


関連記事

前田デスゴール

前田の呪い健在!デスゴールの伝説は実は継続中!!!!浦和は降格のピンチ?

前田の呪い・・・デスゴール・・・。 巷でまことしやかに囁かれる噂がある。それは、「前田遼一がシ

記事を読む

浦和サポーター大宮嫌いな奴立ち上がれ

決戦前夜!通算成績は全くの五分五分のさいたまダービー。両チームサポーターの舌戦。

  優勝を狙うためには今節を落とせない3位浦和レッズ。不調が続くが、きっかけ

記事を読む

柿谷曜一朗ダンマク

秋風吹くキンチョウで感じたこと

先週の土曜日、キンチョウスタジアムで行われたセレッソ大阪-ジュビロ磐田を観戦。 セレッソ大

記事を読む

syourinoemiwo

ブラジルの地で響いた新チャント「勝利の笑みを 君と」。松本山雅も続く

日本サッカー協会が2014FIFAワールドカップの応援歌として公認している、Mr.Childrenの

記事を読む

red

1試合も落とせない!優勝前線トップ3を考察する。

最近街で人々の会話に耳をかたむければ野球の日本シリーズの話で持ちきりで、楽天だ巨人だとやはり

記事を読む

Original_243x75

Jリーグ第10節 C大阪と浦和の試合はドロー。3万人以上のサポータを集める。那須チャントがデビュー

打ち合った末のドローゲーム     5月6日に行われたJリーグ第1

記事を読む

ultras02

スタジアム内の観客でウルトラスは5%!?アンケート結果を公表します!

先日、Twitter上で当サイトの記事も執筆して頂いているLocalFootballJapa

記事を読む

00251024-031725.jpg

3000億円もかかるの!?新東京国立競技場の建設費、あまりにも膨大で縮小検討。

 下村博文五輪担当相は23日の参院予算委員会で、2020年東京五輪の会場として8万人を収容する新

記事を読む

nel

柏レイソル、ネルシーニョ監督が辞任撤回!

J1第24節の鹿島戦後に辞任を表明していたネルシーニョ監督が一転、辞任を撤回した。5日の練習からチー

記事を読む

yamaga

大挙してアウェイに乗り込み、「味スタジャック」した松本山雅サポはJトップクラス!

2日に2014シーズンのJ2が開幕した。今年から下部カテゴリーとしてJ3も発足し、昇格争いに続き下か

記事を読む

コメントしたり文句言ったり褒めてみたり

神戸コレオ
今週末のJリーグ。アウェイサポーターのコレオが凄いと言われて、見てみたら凄かった。

昨日、ガンバ大阪の藤春選手へのヴィッセルサポーターによるブーイングの記

藤春廣輝、神戸サポーターからブーイング。
神戸サポーター、リオ五輪オウンゴールの藤春廣輝に大ブーイングを浴びせ続ける

リオデジャネイロ五輪で、オーバーエイジとして出場したものの満足行く結果

中山雅史名言格言101
疲れてくると、『もういいか』と思う自分が出てくる。もう一方に『もういいかでいいのか』という自分がいる by中山雅史

疲れてくると、『もういいか』と思う自分が出てくる。もう一方に『もういい

中山雅史名言格言6
自分が4,5人ほしい。休まない自分と休む自分をくらべてみたい by中山雅史

自分が4,5人ほしい。休まない自分と休む自分をくらべてみたい &nb

中山雅史名言格言7
「ミスをしないために、言い訳をしないために、後悔しないために、チームが勝つために練習する」 中山雅史

「ミスをしないために、言い訳をしないために、後悔しないために、チームが

→もっと見る