C大阪・フォルランのチャントに高まる期待。王道か、ネタ曲か。


セレッソ・フォルラン

ウルグアイ代表であり前回W杯の得点王、MVPであるディエゴ・フォルランのセレッソ大阪への加入が決まった。

年俸は6億とも噂され、久しぶりの世界的ビッグスターの来日にサッカーファンは大盛り上がりだ。

 

早くも柿谷曜一朗とのコンビネーションや、日本で活躍が出来るのかどうかに注目が集まっているが、サポーターであれば気になるのが「フォルランのチャント」である。

ROUを中心としたセレッソコアサポーターがどんな曲を作るのか、フォルランがメロディを気に入りゴールを量産するのか?オフシーズンのサポーターの妄想は止まらない。

ここではTwitter上でのフォルランチャントについてまとめてみた。

 

 

  同じ気持ちである。            

あめあめフォルラン  

  ナウシカ?

 

   

 

 

 

 

 


 

 

色々と盛り上がってるフォルランチャント予想だが、ツイッターを見る限りでは魂のルフラン(ふぉるらん)など、ダジャレ系の曲をファンは期待しているようだ。

ポピュラーソングで行くのか、サポ王道系のメロディで行くのか、それともコール系か。

 

セレッソの新背番号10に益々の注目が集まる。

 

 追記

こちらに決まったようです。

記事/さぽーたるふっとぼーる

 

 


関連記事

moriwaki

浦和サポに朗報!山田暢久らの引退セレモニーを「Reds Festa2014」で開催

昨シーズン限りで浦和との契約が満了した山田暢久だが、先日現役引退と浦和レッズのスタッフ入りを発表した

記事を読む

shinji new chant

セレッソからマンUまで!香川真司歴代チャントまとめ

セレッソの象徴8番を背負い、ドルトムントでチームを2連覇に導き、日本代表で10番を背負うとマンチェス

記事を読む

kankuu

フォルランを乗せた便が関西空港に到着!多数のセレッソサポーターと報道陣が詰めかける

ついにやってきた。 今シーズンからセレッソ大阪でプレーするウルグアイ代表ディエゴ・フォルランが

記事を読む

tokushimaflag

フォルラン効果ではないその理由。「徳島vsセレッソ大阪」チケット発売後即完売

最注目カードだ。 3月8日(土)に鳴門・大塚スポーツパーク ポカリスエットスタジアムで行われる

記事を読む

myfcceo

【続報】藤枝MYFC、開幕戦の応援を社員が仕切った件について社長がブログを更新

当サイトで、J3・藤枝MYFCの社員が、開幕戦となった町田ゼルビア戦で、まったく新しいコールやチャン

記事を読む

サッカーマガジン宮本恒靖編集長

ツネ様編集長!宮本恒靖、サカマガ編集長就任へ。

    衝撃ニュースだ。 元日本代表宮本恒靖が、サッカーマガジ

記事を読む

coreo2

サポーターを無視したJリーグ主導のコレオグラフィに実施する価値なし

  カップファイナル。 Jリーグ開幕以来、Jリーグのカップタイトルとし

記事を読む

verudexi

J20年。僕らのサッカーは何が変わってどう成長したのか。

Jリーグが始まって20年経つ。   誰もがマイヤーのゴ

記事を読む

セレッソ柿谷

「まさかの距離!」地元中学生サポがバスを追いかけ続け、最後は柿谷・山口との記念撮影をゲット!@セレッソ沖縄キャンプ

アーセナルがツアーでベトナムに訪れたときのこと。ベトナムの熱狂的ファンはアーセナルのバスを追いかけ続

記事を読む

frugers

Twitterで話題の「#若いサポに伝えたいフリューゲルスの話」がめちゃめちゃ面白い!

  Twitterでにわかに盛り上げっている話題がある。それが「#若いサポに

記事を読む

コメントしたり文句言ったり褒めてみたり

神戸コレオ
今週末のJリーグ。アウェイサポーターのコレオが凄いと言われて、見てみたら凄かった。

昨日、ガンバ大阪の藤春選手へのヴィッセルサポーターによるブーイングの記

藤春廣輝、神戸サポーターからブーイング。
神戸サポーター、リオ五輪オウンゴールの藤春廣輝に大ブーイングを浴びせ続ける

リオデジャネイロ五輪で、オーバーエイジとして出場したものの満足行く結果

中山雅史名言格言101
疲れてくると、『もういいか』と思う自分が出てくる。もう一方に『もういいかでいいのか』という自分がいる by中山雅史

疲れてくると、『もういいか』と思う自分が出てくる。もう一方に『もういい

中山雅史名言格言6
自分が4,5人ほしい。休まない自分と休む自分をくらべてみたい by中山雅史

自分が4,5人ほしい。休まない自分と休む自分をくらべてみたい &nb

中山雅史名言格言7
「ミスをしないために、言い訳をしないために、後悔しないために、チームが勝つために練習する」 中山雅史

「ミスをしないために、言い訳をしないために、後悔しないために、チームが

→もっと見る