「禁断の移籍」を否定する浦和サポーターよ、日本のフットボールを愛しているか?

公開日: : 最終更新日:2014/01/27 コラム  , 国内サッカー, 浦和レッズ , , , ,


大宮アルディージャMF青木拓矢の浦和レッズ移籍が決定的となった。地元埼玉新聞を含む各紙が「移籍決定」というニュアンスで一斉に報じたのだ。

前例のない、大宮から浦和という同じさいたま市内に本拠地を構えるダービーの相手への移籍を、メディアは挙って「禁断の移籍」と騒ぎ立てた。

しかしその報道に対して当の浦和サポーターの一部は「別に禁断じゃない」「大宮なんてライバル視していない」などと冷ややかな反応。

だが、少し考えてほしい。確かに浦和サポーターが「大宮なんて特別気にしてなんかいないよ」と言うのもわかるが、なぜメディアが騒いでいるのをトーンダウンさせるような行動をする必要があるのだろうか。

今回の件に関して、当サイトのTwitterアカウントで意見を述べたところある程度の反響があったのでまとめていく。

 

Jリーグは近年の観客数や露出の減少による新規顧客獲得の失敗や、それに伴うスポンサー料の減額で2ステージとポストシーズン制導入へと舵を切ったのは記憶に新しい。

その時に多くの、特に浦和のサポーターはこのシステム改革に反対の意を表明した。

2ステージ制とポストシーズン制によるシステム改変の是非は置いておくが、反対を主張するサポーターもJリーグが現在、新たなファンの獲得という面において苦戦を強いられていることは理解しているだろう。

事実、近年の浦和もホーム・埼玉スタジアムに4万人すら入らない試合も多くなった。

そして浦和サポーターはあの立派な横断幕を国立競技場で掲出したはずだ。

「我々サポーターもJの未来を考えている」

と。ならば一度考え直してみてほしい。私が述べているのは「無理やり盛り上げろ」ということではない。砕けた言い方をすれば「せっかく全国規模のニュースで騒いでくれてるから、騒がせとけ」ということだ。

コアなサポーターのプライドや、心情、感情から大宮からの移籍を「禁断の移籍」と称されることに違和感を覚えるのは確かだろう。

しかし、こういったドラマチックな背景は、新規のファンやいわゆる「ライト層」のファンにとっては、わかりやすいポイントだということも忘れてはならない。

事実、報道から数時間は日本で一番アクセスされているサイト、Yahoo!Japanのスポーツ欄のトップに掲載されていたのだから。当該記事のコメント欄で一番賛同が多かったのは「別に禁断じゃない」というコメントではあったが・・・。

このことがきっかけで、「じゃあさいたまダービー観に行ってみようかな」とスタジアムに来るファンもいるかもしれない。そうして足を運んだスタジアムでクラブやJリーグの魅力に気づき、リピーターとなり、いつしか自分たちの仲間として一緒に闘うサポーターになるかもしれない。

その可能性をわざわざ摘んでいく必要はあるのだろうか?

もし、毎試合、埼玉スタジアムに5万人、6万人集まるなら問題ないが、現実は違う。既存のサポーターも排他的な考えをほんの少し緩和すれば、新しい観客を呼び込めるかもしれない。

前述の横断幕は、普通の企業ではあり得ないことだ。お金という対価を支払っているのにも関わらず、それでもなお、無償の愛を我がクラブと、さらに所属するリーグに注いでいる。こんなに素晴らしいことはない。

私は、自分のクラブが、Jリーグが世界に誇れるものになってほしいと思っている。そのためにはまず、日本国内で誇れるプロのリーグにならなければならない。

そのためにJリーグの未来を明るくしていこうじゃないか。日本のフットボールを愛しているのなら。

 

 

記事/さぽふと副編集長


関連記事

柿谷曜一朗ダンマク

秋風吹くキンチョウで感じたこと

先週の土曜日、キンチョウスタジアムで行われたセレッソ大阪-ジュビロ磐田を観戦。 セレッソ大

記事を読む

kakitanitokushima

「感謝の気持ち」が伝わった、柿谷曜一朗の徳島凱旋

当サイトでも以前、お伝えしたように、徳島ヴォルティスは、セレッソ大阪のエースナンバー8番を背負う柿谷

記事を読む

徳島

今週のJ1on地上波カンタンプレビュー!

もっともっと、私たちの自国リーグ、Jリーグを広め、文化として根付いてほしいという想いから考案された新

記事を読む

吉田麻也

今一度日本代表に求められる“守備時”における組織の意識

  日本 vs ウルグアイ、2−4。またもや守備が大崩壊。コンフェデレーショ

記事を読む

174276815_large.v1390840209

柏レイソル。今年の浦和戦は「日立台」開催が決定!最高の雰囲気は必至。

photo/石井一樹[/caption] J1・柏レイソルは、3月19日に行われるナビスコカップ

記事を読む

okayamagate10

J2・ファジアーノ岡山、新チャント発表!「YMCA」「永ちゃん」「学園天国」などスゴイ盛り上がりそう!

23日、ファジアーノ岡山のサポーター団体「CRUVA ROSA」が中心となり、岡山県陸上競技場kan

記事を読む

1524724_591379770932085_1286540512_n

1月に注目を浴びた5つのサポーターニュース。

●第5位 Jリーグと発煙筒・・・歴史とこれからの行く末(1月29日) 第5位にランクインしたのは

記事を読む

セレッソ柿谷

「まさかの距離!」地元中学生サポがバスを追いかけ続け、最後は柿谷・山口との記念撮影をゲット!@セレッソ沖縄キャンプ

アーセナルがツアーでベトナムに訪れたときのこと。ベトナムの熱狂的ファンはアーセナルのバスを追いかけ続

記事を読む

metro

Jリーグでは当たり前だけど・・・いまさら騒がれた日本サポーターのゴミ拾い

悔しすぎる敗戦を喫したコートジボワール戦。しかし、試合後のサポーターの行動が素晴らしいと今、話題にな

記事を読む

redia

浦和レディア、まさかの総選挙最下位!「埼スタ出禁」「ニート」「雨男」「主役降板」不遇のマスコットライフ

22日に行われたFUJI XEROX SUPER CUPのハーフタイム中に「Jリーグマスコット総選挙

記事を読む

Comment

  1. 胸糞 より:

    悔しいですが現にレッズの試合はどこよりも人が入っています。しかも5.6万毎回入ってたなんて時代はありません。よくて4.5万です。対して歴史も知らないで偉そうな記事を書いて遠回しな誹謗中傷をするような記事を書くあなたがいるからJは良くならないのです。読者に間違った知識を植え付けるから。写真の無断転載や、数々のネットの力を使った誹謗中傷や、間違った知識の植え付け、言わせてもらえば洗脳の行為。
    誠心誠意謝罪してこのブログを閉鎖しJをよくしたいのなら自分の目でみて確かめて再度ブログを作り直すのがあなたのやるべきことではないでしょうか。

コメントしたり文句言ったり褒めてみたり

神戸コレオ
今週末のJリーグ。アウェイサポーターのコレオが凄いと言われて、見てみたら凄かった。

昨日、ガンバ大阪の藤春選手へのヴィッセルサポーターによるブーイングの記

藤春廣輝、神戸サポーターからブーイング。
神戸サポーター、リオ五輪オウンゴールの藤春廣輝に大ブーイングを浴びせ続ける

リオデジャネイロ五輪で、オーバーエイジとして出場したものの満足行く結果

中山雅史名言格言101
疲れてくると、『もういいか』と思う自分が出てくる。もう一方に『もういいかでいいのか』という自分がいる by中山雅史

疲れてくると、『もういいか』と思う自分が出てくる。もう一方に『もういい

中山雅史名言格言6
自分が4,5人ほしい。休まない自分と休む自分をくらべてみたい by中山雅史

自分が4,5人ほしい。休まない自分と休む自分をくらべてみたい &nb

中山雅史名言格言7
「ミスをしないために、言い訳をしないために、後悔しないために、チームが勝つために練習する」 中山雅史

「ミスをしないために、言い訳をしないために、後悔しないために、チームが

→もっと見る