サポーターを無視したJリーグ主導のコレオグラフィに実施する価値なし


 

coreo2

カップファイナル。

Jリーグ開幕以来、Jリーグのカップタイトルとして今に至るまでJリーグクラブ、サポーターのひとつの目標であるヤマザキナビスコ杯のファイナリストが、今年も出そろった。浦和レッズと柏レイソルである。

サポーターにとっては否が応でも、普段のリーグ戦よりも、間違いなく気持ちが入る試合だ。クラブの規模に違いはあれど、最終的に目指しているのはタイトルであり、サポーターはその瞬間のために長い歳月を愛するチームに捧げている。自分たちの選手がカップを掲げる瞬間を待ち望んでいるのだ。

そして、その気持ちというものは、特に試合前、選手が入場する際に伝わってくる。

コレオグラフィだ。

サポーターひとりひとりが色のついたボードや紙などを掲げ1枚の巨大の絵を作り、選手を鼓舞しようとメッセージを伝える。日本のフットボールシーンの中でもひとつの応援文化となっており、各チーム重要な試合でサポーターがコレオグラフィを披露することは珍しくない。

有志のサポーターが構成を考え、入場が始まる前にそれぞれの席へ配布している。

浦和レッズと柏レイソルも例外ではない。

浦和サポーターはこれまでも素晴らしいコレオグラフィを披露してきた。2年前のナビスコ杯決勝でも赤・白・黒でスタンドを埋め尽くし、「PRIDE OF URAWA」の巨大ゲーフラで選手を鼓舞した。さらにはLフラッグと呼ばれる応援用の旗をサポーターが持参してきて、一斉に掲げるさまは「フラッグの海」と称されるほどだ。

coreo nabi

 

一方の柏サポーターは、一味違ったユーモアを応援で表現することで有名だ。昨年(今年の1月1日)の天皇杯決勝、カップファイナルであると同時に翌シーズンのアジアチャンピオンズリーグ(ACL)の出場権も関わってくるこの試合で、柏サポーターは「KASHIWA」と掲げた中から「ASIA」の文字を浮かび上げる、というコレオグラフィを見せた。

kashiwa

 

このように、これまで両チームのサポーターはともに、素晴らしいコレオグラフィを披露してきた。

 

今年の決勝ではどんなコレオグラフィを見せてくれるのか期待したいところだ。

 

と書きたいところだが、そうはいかない。昨年のナビスコ杯決勝から状況が変わってきたのだ。

 

Jリーグ主導のコレオグラフィ

前回、鹿島と清水の間で争われたナビスコ杯決勝では、バックスタンドにナビスコ杯と黄・白・赤のコレオグラフィが映し出された。これはどちらのサポーターも主導したことではなく、Jリーグ側が「20回大会記念」と銘打って、バックスタンド全面を使用して行ったものだ。

jcoreo

 

 

はっきり言って、こんなものはいらない。

 

 

そう考えるサポーターは多いのではないか。コレオグラフィはサポーターが我がクラブのためだけに行っているのであり、試合の主催者がこれを”やらせ”て一体どんな意味があるのか?

Jリーグのコレオグラフィ実施について、声明と共に発表されているが、その中に次の一文がある。

「決勝の舞台に入場する選手を最高の雰囲気で迎えるために、ぜひご参加ください。」

カップファイナル。サポーターはタイトルを目指して戦う愛するチームを、力の限り応援する。

勝ちたい。負けたくない。

それは両チームのサポーターが必ず思うことであり、その想いが応援となって表れる。ふたつのチームのサポーターのそんな想いがスタジアムの中で交差し、その結果、最高の雰囲気というものが生まれるのだ。そこに打算も計算もない。だからこそ、日常を忘れて、我を忘れて、夢中になる。そうさせる雰囲気がスタジアムに作られる。

Jリーグが言う「最高の雰囲気」というのは、リーグの主導で「盛り上げるため」に「作られた」コレオグラフィで生み出せるわけがない。そこに本物のの雰囲気はない。

そんなことはサポーターもわかっている。

浦和と柏、両サポーターともにコレオグラフィを実行する力がある。そしてそのコレオグラフィは、心から自分たちのクラブを応援するために、サポーターひとりひとりの想いが込められて作り出された本物だ。

それは、たとえほかのJ1クラブが決勝に進んでいたとしても、同様である。

 

Jリーグがスタートして20年が過ぎた。この短期間でこれほど成長したリーグは世界でも類をみない。Jリーグの成長は賞賛に値する。

それと同時にサポーターも成長してきた。愛するクラブと共に歩んできた。

 

 

 

Jリーグのお偉いさん方。

 

あまりサポーターをなめないで頂きたい。

 

 

 

 

記事/さぽーたるふっとぼーる副編集長

 


関連記事

nel

柏・ネルシーニョ監督が辞任を表明

柏に衝撃が走った。31日に行われたJリーグ第24節の鹿島アントラーズ戦に1-3で敗れた柏レイソルのネ

記事を読む

red

1試合も落とせない!優勝前線トップ3を考察する。

最近街で人々の会話に耳をかたむければ野球の日本シリーズの話で持ちきりで、楽天だ巨人だとやはり

記事を読む

shinji new chant

セレッソからマンUまで!香川真司歴代チャントまとめ

セレッソの象徴8番を背負い、ドルトムントでチームを2連覇に導き、日本代表で10番を背負うとマンチェス

記事を読む

ウルトラスマツモト

松本山雅・ウルトラスマツモト、2014年新加入選手のチャントを一般公募。

J2・松本山雅FCのコアサポーターグループ「ULTRAS MATSUMOTO(通称UM)」は

記事を読む

20111204113841

豊田陽平待望論に証明された、反町康治の確かな手腕

豊田陽平を代表に呼べ。 サポーターからの豊田待望論が大きくなってきた。圧倒的なフィジカ

記事を読む

kakitanitokushima

「感謝の気持ち」が伝わった、柿谷曜一朗の徳島凱旋

当サイトでも以前、お伝えしたように、徳島ヴォルティスは、セレッソ大阪のエースナンバー8番を背負う柿谷

記事を読む

higashi

ゲーフラにタオマフ!東福岡高校の応援がJリーグ並にアツい

高校サッカーにおける、福岡の名門といえば東福岡高校だろう。しかし、彼らは応援に関しても「名門」だ。

記事を読む

00251005-210907.jpg

一時は+17・・・大宮アルディージャの得失点がとうとうマイナスに。

J1・第28節 さいたまダービー@埼玉スタジアム2002 観客4万7790人 浦和4−

記事を読む

25304429

「攻めの内田、守備の長友」から「守備の内田、攻めの長友」へ。ヨーロッパでの経験値が日本産サイドバックにもたらしたポリバレント。

    南アフリカワールドカップの直前、それもメンバー選考が終わってから

記事を読む

大久保嘉人ザックジャパン

大久保嘉人を日本代表に呼んではいけない3つの理由

  大久保嘉人の代表入りが待望視されている。現在Jリーグ出場28試合で22ゴ

記事を読む

Comment

  1. […] 関連記事 : サポーターを無視したJリーグ主導のコレオグラフィに実施する価値なし […]

  2. より:

    無視していい 無能リーグまだ加藤良三のがマシなレベル

  3. […]  サポーターを無視したJリーグ主導のコレオグラフィに実施する価値なし […]

  4. […] 関連記事 : サポーターを無視したJリーグ主導コレオグラフィに実施する価値なし […]

コメントしたり文句言ったり褒めてみたり

神戸コレオ
今週末のJリーグ。アウェイサポーターのコレオが凄いと言われて、見てみたら凄かった。

昨日、ガンバ大阪の藤春選手へのヴィッセルサポーターによるブーイングの記

藤春廣輝、神戸サポーターからブーイング。
神戸サポーター、リオ五輪オウンゴールの藤春廣輝に大ブーイングを浴びせ続ける

リオデジャネイロ五輪で、オーバーエイジとして出場したものの満足行く結果

中山雅史名言格言101
疲れてくると、『もういいか』と思う自分が出てくる。もう一方に『もういいかでいいのか』という自分がいる by中山雅史

疲れてくると、『もういいか』と思う自分が出てくる。もう一方に『もういい

中山雅史名言格言6
自分が4,5人ほしい。休まない自分と休む自分をくらべてみたい by中山雅史

自分が4,5人ほしい。休まない自分と休む自分をくらべてみたい &nb

中山雅史名言格言7
「ミスをしないために、言い訳をしないために、後悔しないために、チームが勝つために練習する」 中山雅史

「ミスをしないために、言い訳をしないために、後悔しないために、チームが

→もっと見る