【動画あり】東京五輪世代のファーストアピール!浦和FW邦本宜裕が左足スーパーミドルで初得点。


urawa_kunimototakahiro

東京五輪世代、最初のアピールだ。

浦和レッズユース所属の高校1年生FW邦本宜裕が、1点ビハインドで迎えた76分。ペナルティエリアの外、やや左から強烈なミドルシュート。ボールはポストに当たり、ゴールへと吸い込まれていった。

16歳と4日でのゴールと、まだ16歳になったばかりの邦本。しかしプレーは落ち着いたもので、ファーストタッチでは相手を引きつけて梅崎にスルーパスを出すと、解説の早野氏に「先輩をアゴで使ってますね」と言わしめた。

邦本は東京五輪世代では最初にプロでのゴールを決めたことになる。

邦本宜裕

浦和は山形に2−3で敗れて3冠の夢は潰えたが、未来のスターの発掘と収穫もあった。

 

オリンピックは7年後。邦本の成長に期待だ。

 

 

 

どこよりも早い!!2020年東京五輪サッカー、メンバー18人を完全予想!

 

記事/さぽふと速報部


関連記事

tokushimaflag

フォルラン効果ではないその理由。「徳島vsセレッソ大阪」チケット発売後即完売

最注目カードだ。 3月8日(土)に鳴門・大塚スポーツパーク ポカリスエットスタジアムで行われる

記事を読む

BXknvWCCQAA-Kxw.jpg-large

“王国”の座は清水に。ダービーで敗れプライドも失ったジュビロ、99%降格決定。

荒れた。そして負けた。 崖っぷちのジュビロ磐田。負ければ甲府の結果次第で降格が決定する中、相手

記事を読む

kawasakibanana

セレッソサポが柿谷にマフラー等を送る一方、川崎サポはバナナとパイナップルをプレゼント

15日、セレッソ大阪のホーム・キンチョウスタジアムで行われたセレッソ大阪vs川崎フロンターレの試合は

記事を読む

kakitanitokushima

「感謝の気持ち」が伝わった、柿谷曜一朗の徳島凱旋

当サイトでも以前、お伝えしたように、徳島ヴォルティスは、セレッソ大阪のエースナンバー8番を背負う柿谷

記事を読む

yamaga

大挙してアウェイに乗り込み、「味スタジャック」した松本山雅サポはJトップクラス!

2日に2014シーズンのJ2が開幕した。今年から下部カテゴリーとしてJ3も発足し、昇格争いに続き下か

記事を読む

myfcceo

【続報】藤枝MYFC、開幕戦の応援を社員が仕切った件について社長がブログを更新

当サイトで、J3・藤枝MYFCの社員が、開幕戦となった町田ゼルビア戦で、まったく新しいコールやチャン

記事を読む

280751cac997c49c1b4c63cb242f28d2

【J1第9節 浦和×仙台】 両者疲れの見える試合でドロー。中断期間へ – 現地レポート

ACLの影響で延期されていた第9節の浦和×仙台が29日、埼玉スタジアムで行われた。 平日開催と

記事を読む

00250724-010501.jpg

清水、日本代表MF本田獲得へ。クラブ間交渉

鹿島本田拓也が2年半ぶり清水復帰  清水が、元日本代表で鹿島のMF本田拓也(28)を完全移

記事を読む

うらわ

一部の浦和レッズサポーター、新加入・李忠成にブーイング。差別的行為か?

かつてはナショナルダービーとの呼び声も高かった、ガンバ大阪vs浦和レッズの開幕戦は浦和の勝利

記事を読む

myfc

J3・藤枝MYFC、サポーターを排除?社員が応援エリアを乗っ取りか

今季から設立されたJ3リーグで戦う、藤枝MYFC。日本初、世界でも2つめの、サポーターの有料会員によ

記事を読む

コメントしたり文句言ったり褒めてみたり

神戸コレオ
今週末のJリーグ。アウェイサポーターのコレオが凄いと言われて、見てみたら凄かった。

昨日、ガンバ大阪の藤春選手へのヴィッセルサポーターによるブーイングの記

藤春廣輝、神戸サポーターからブーイング。
神戸サポーター、リオ五輪オウンゴールの藤春廣輝に大ブーイングを浴びせ続ける

リオデジャネイロ五輪で、オーバーエイジとして出場したものの満足行く結果

中山雅史名言格言101
疲れてくると、『もういいか』と思う自分が出てくる。もう一方に『もういいかでいいのか』という自分がいる by中山雅史

疲れてくると、『もういいか』と思う自分が出てくる。もう一方に『もういい

中山雅史名言格言6
自分が4,5人ほしい。休まない自分と休む自分をくらべてみたい by中山雅史

自分が4,5人ほしい。休まない自分と休む自分をくらべてみたい &nb

中山雅史名言格言7
「ミスをしないために、言い訳をしないために、後悔しないために、チームが勝つために練習する」 中山雅史

「ミスをしないために、言い訳をしないために、後悔しないために、チームが

→もっと見る