ベラルーシに完敗。我々サポーターはウルグアイ戦で怒号と罵声をぶつけるべきだった。


 

日本ベラルーシ

 

 

平日の現地時間15時キックオフ。3000人しか入らないスタジアムで、チケット代は2ユーロ。

スポンサーによるスポンサーのための試合を行って何になるのか?日本サポーターが多く詰めかけ、日本企業の看板も多く立ち並ぶ。しかも相手は決して強くはないベラルーシ。これでアウェイの厳しさだのなんだのというのはちゃんちゃらおかしい。一体なんの経験になり、本大会に向けてどういうアプローチを行っていくべきか全く見えない。果たしてこの試合を行う意味があったのか・・・・・・というようなことを書こうと思っていたが、まさかまさかの大苦戦。

いやいや、格下日本相手に平日でお客さんも入らない中、ベラルーシは良くやってくれた。ありがとうベラルーシ。

ベラルーシ本田

 

 

それにしても日本の出来は可もなく不可もなくであった。ここが良かった、でもここが悪い、という話が非常にしづらい。なんとなく試合をしてしまった日であった。

ジーコは解任論が常に渦巻いていたが、それでも当時世界トップ5に入ってくるであろうチェコに勝ち、イングランドと引き分け、ヨーロッパ王者のギリシャを倒して、世界王者ブラジルと打ち合い引き分けた。

baflo_MRVA058846

岡田武史も常に批判され続けた監督であった。それでも0−3で負けはしたが、オランダ戦の前半は強豪と堂々渡り合い、翌年ベスト8に入り込むガーナには4点を奪い勝ち切った。チリやベルギーにも連勝するなど、それなりの結果は残している。

ザックはどうか。フランスには相手のシュートミスもあり勝った。それはよかった。直後のブラジルには4失点し、対アジアでもぴりっとしない試合が続いて、ブルガリアに負け、またブラジルに負け、イタリアに負け、メキシコに負け、ウルグアイに負けた。そしてセルビアに負け、ベラルーシに負けた。

▲ジーコですら強豪国には良い試合を見せた。このままでは2006年の惨敗以下になってしまう。

▲ジーコですら強豪国には良い試合を見せた。このままでは2006年の惨敗以下に…。

ザッケローニ体制の序盤が良かったのは、岡田武史の貯金があったからだ。粘り強い守備連携があり、メンバーは大きく変わらないままアルゼンチンに勝利してアジアを制した。勝っているからマスコミも持ち上げていき、イタリア人らしからぬ性格や、日本に馴染もうとする姿勢をクローズアップして、さも名監督のように祭り上げていった。

 

「ザックは良い人」そのイメージは世間に根付いた。それだけに、ただでさえ声を荒げられない日本人はザックに苦言を訂せなくなっていったのではないか。

 

今年はもう国内での試合は行われない。来年も下手すると3月まで国内の試合はない。解任はあり得ないだろう。あれだけ批判を浴び続けた岡田武史が続投したのだから(結果的にはそれで良かったが)、ザックに文句を言えるチャンスはほぼないのだ。

 

我々は「日本代表を信じる」という甘えのもと、ブーイングを浴びせる機会がないまま時を消化した。

 

4失点で完敗したウルグアイ戦。そこで愛のある苦言を呈し、思いを伝えるべきだったーーーー。

 

なんとも歯がゆい思いを胸に、波に乗り切れないまま我々はブラジルに進んでいく。

 

 

記事/さぽーたるふっとぼーる編集長


関連記事

67266490

ウルトラス・サポーター雑貨を海外から直輸入!LFJオンラインショップ。

  ヨーロッパや南米の応援はすごい。これはよく言われる話ではあるが、大きなフ

記事を読む

日本、ユーロ参戦へ

UEFA、ユーロ2020で日本代表を招待へ。W杯カタール開催へ反抗。英・権威誌単独報道。

英国の権威誌「インデペンデント」は、日本がユーロ2020本大会に出場する可能性が高いと単独報

記事を読む

BPnsLAtCEAIfenG.jpg-large

“ウギャル”歓喜。かわいい!?エロい!?内田篤人、嵐にしやがれ出演。うっちーTLまとめ。自分が出てきたら大吉。

嵐にしやがれに内田篤人が出演。 この記事に特に生産性はありません。 ウギャルと呼ばれるウ

記事を読む

hosogai2

嬉しさのあまり号泣。10歳ヘルタサポが細貝萌から自作ボードでユニフォームをゲット

ヘルタ・ベルリンで背番号7番を背負う細貝萌。日本時代から磨きををかけたその献身的な姿勢はベルリンでも

記事を読む

coreo2

サポーターを無視したJリーグ主導のコレオグラフィに実施する価値なし

  カップファイナル。 Jリーグ開幕以来、Jリーグのカップタイトルとし

記事を読む

aaa

正念場の浦和、今こそサポーターの力が必要な時

コンフェデレーションズカップによるJ1中断期間まで好調を維持していた浦和だが、中断明けチームに暗雲が

記事を読む

aficion sevilla3

無菌室フットボール

  勝利に沸くスタジアム、雰囲気は最高潮だ。 敗戦に静まりかえるスタジ

記事を読む

risu

「禁断の移籍」を否定する浦和サポーターよ、日本のフットボールを愛しているか?

大宮アルディージャMF青木拓矢の浦和レッズ移籍が決定的となった。地元埼玉新聞を含む各紙が「移籍決定」

記事を読む

no image

日本、2大会連続3回目のベスト16進出決定

  初戦コートジボワール 2戦目ギリシャ 3戦目コロンビア &nb

記事を読む

d50020a5

王国ブラジルは恐れることなかれ。

  王国。確かに王国は王国なのだが、今の王国は王様(ペレ)や神様(ジーコ)が

記事を読む

コメントしたり文句言ったり褒めてみたり

神戸コレオ
今週末のJリーグ。アウェイサポーターのコレオが凄いと言われて、見てみたら凄かった。

昨日、ガンバ大阪の藤春選手へのヴィッセルサポーターによるブーイングの記

藤春廣輝、神戸サポーターからブーイング。
神戸サポーター、リオ五輪オウンゴールの藤春廣輝に大ブーイングを浴びせ続ける

リオデジャネイロ五輪で、オーバーエイジとして出場したものの満足行く結果

中山雅史名言格言101
疲れてくると、『もういいか』と思う自分が出てくる。もう一方に『もういいかでいいのか』という自分がいる by中山雅史

疲れてくると、『もういいか』と思う自分が出てくる。もう一方に『もういい

中山雅史名言格言6
自分が4,5人ほしい。休まない自分と休む自分をくらべてみたい by中山雅史

自分が4,5人ほしい。休まない自分と休む自分をくらべてみたい &nb

中山雅史名言格言7
「ミスをしないために、言い訳をしないために、後悔しないために、チームが勝つために練習する」 中山雅史

「ミスをしないために、言い訳をしないために、後悔しないために、チームが

→もっと見る