ツネ様編集長!宮本恒靖、サカマガ編集長就任へ。

公開日: : 最終更新日:2014/01/29 国内サッカー , , , , , , ,


 

 

衝撃ニュースだ。

元日本代表宮本恒靖が、サッカーマガジンの編集長に就任することが判明した。

サッカーマガジンは先週月刊化することが発表され、10月からは新しい形で発行される。その改革第二弾として、宮本氏の編集長就任が発表された形だ。

 

宮本は、Jリーガーとしプレーしながら大学に通う「二足のわらじ」で文武両道を経験し、クレバーなディフェンスとリーダーシップを武器に、オリンピックや二度のワールドカップで主将を務めた。

12年にはFIFA国際サッカー連盟の大学院「FIFAマスター」にも入学し、無事に卒業。日本人初の卒業生となり、その現役時代の経験と頭脳から、どのような形でサッカー界に関わるのかが注目されていた。

ただ月刊化するだけでなく、編集長に宮本恒靖———。サッカーマガジンの発行部数は激増するかもしれない。

・・・・・と、思いきや、この記事はあの悪名高き夕刊フジの久保武司が書いているようだ。
宮本恒靖の編集長就任は飛ばし記事のようだ。
 

関連記事/サッカーマガジン宮本恒靖編集長
さぽふと速報部


関連記事

sapporo

札幌サポが早速「あのダンマク」をパロディ。浦和サポとの実は深い関係

9日、札幌ドームで行われたコンサドーレ札幌vsモンテディオ山形の試合で、さっそく「あのダンマク」を掲

記事を読む

DSC_0184

関東総体神奈川県予選決勝は川和が初優勝。女子インターハイは湘南学院が2連覇

  ▼延長を制した川和は初タイトルとなった。  

記事を読む

jcoreo

サポーターを“無視”したJリーグに浦和サポがコレオグラフィ“無視”で反撃か ― ナビスコ杯決勝

一貫して2ステージ反対の立場をとる浦和サポーター   2015年シーズンから2ステ

記事を読む

kakitanitokushima

「感謝の気持ち」が伝わった、柿谷曜一朗の徳島凱旋

当サイトでも以前、お伝えしたように、徳島ヴォルティスは、セレッソ大阪のエースナンバー8番を背負う柿谷

記事を読む

kankuu

フォルランを乗せた便が関西空港に到着!多数のセレッソサポーターと報道陣が詰めかける

ついにやってきた。 今シーズンからセレッソ大阪でプレーするウルグアイ代表ディエゴ・フォルランが

記事を読む

00250724-010501.jpg

清水、日本代表MF本田獲得へ。クラブ間交渉

鹿島本田拓也が2年半ぶり清水復帰  清水が、元日本代表で鹿島のMF本田拓也(28)を完全移

記事を読む

kawasakibanana

セレッソサポが柿谷にマフラー等を送る一方、川崎サポはバナナとパイナップルをプレゼント

15日、セレッソ大阪のホーム・キンチョウスタジアムで行われたセレッソ大阪vs川崎フロンターレの試合は

記事を読む

photo/佐藤一樹

J2水戸・BLUEs、2014年新チャントを発表

photo/佐藤一樹[/caption] J2・水戸ホーリーホックのサポーターグループ「BL

記事を読む

coreo2

サポーターを無視したJリーグ主導のコレオグラフィに実施する価値なし

  カップファイナル。 Jリーグ開幕以来、Jリーグのカップタイトルとし

記事を読む

セレッソ柿谷

「まさかの距離!」地元中学生サポがバスを追いかけ続け、最後は柿谷・山口との記念撮影をゲット!@セレッソ沖縄キャンプ

アーセナルがツアーでベトナムに訪れたときのこと。ベトナムの熱狂的ファンはアーセナルのバスを追いかけ続

記事を読む

コメントしたり文句言ったり褒めてみたり

神戸コレオ
今週末のJリーグ。アウェイサポーターのコレオが凄いと言われて、見てみたら凄かった。

昨日、ガンバ大阪の藤春選手へのヴィッセルサポーターによるブーイングの記

藤春廣輝、神戸サポーターからブーイング。
神戸サポーター、リオ五輪オウンゴールの藤春廣輝に大ブーイングを浴びせ続ける

リオデジャネイロ五輪で、オーバーエイジとして出場したものの満足行く結果

中山雅史名言格言101
疲れてくると、『もういいか』と思う自分が出てくる。もう一方に『もういいかでいいのか』という自分がいる by中山雅史

疲れてくると、『もういいか』と思う自分が出てくる。もう一方に『もういい

中山雅史名言格言6
自分が4,5人ほしい。休まない自分と休む自分をくらべてみたい by中山雅史

自分が4,5人ほしい。休まない自分と休む自分をくらべてみたい &nb

中山雅史名言格言7
「ミスをしないために、言い訳をしないために、後悔しないために、チームが勝つために練習する」 中山雅史

「ミスをしないために、言い訳をしないために、後悔しないために、チームが

→もっと見る