ツネ様編集長!宮本恒靖、サカマガ編集長就任へ。

公開日: : 最終更新日:2014/01/29 国内サッカー , , , , , , ,


 

 

衝撃ニュースだ。

元日本代表宮本恒靖が、サッカーマガジンの編集長に就任することが判明した。

サッカーマガジンは先週月刊化することが発表され、10月からは新しい形で発行される。その改革第二弾として、宮本氏の編集長就任が発表された形だ。

 

宮本は、Jリーガーとしプレーしながら大学に通う「二足のわらじ」で文武両道を経験し、クレバーなディフェンスとリーダーシップを武器に、オリンピックや二度のワールドカップで主将を務めた。

12年にはFIFA国際サッカー連盟の大学院「FIFAマスター」にも入学し、無事に卒業。日本人初の卒業生となり、その現役時代の経験と頭脳から、どのような形でサッカー界に関わるのかが注目されていた。

ただ月刊化するだけでなく、編集長に宮本恒靖———。サッカーマガジンの発行部数は激増するかもしれない。

・・・・・と、思いきや、この記事はあの悪名高き夕刊フジの久保武司が書いているようだ。
宮本恒靖の編集長就任は飛ばし記事のようだ。
 

関連記事/サッカーマガジン宮本恒靖編集長
さぽふと速報部


関連記事

c04c6e8c

第1回!オーニッポーやあらへんで!チキチキ!一番カッコいい「バモニッポン」はどこだ選手権2013!!!!!

  オーバモニッポン!ニッポン!ニッポン!バモニッポン! サッカーの応

記事を読む

shinji new chant

セレッソからマンUまで!香川真司歴代チャントまとめ

セレッソの象徴8番を背負い、ドルトムントでチームを2連覇に導き、日本代表で10番を背負うとマンチェス

記事を読む

kakitani

柿谷に「8番の価値はその程度?」ダンマク。内容は批判されるべきではない

スイス・バーゼルへの移籍が決まり、15日の川崎戦がセレッソ大阪での最後の試合となった柿谷曜一朗。試合

記事を読む

徳島

J1が知らない、徳島ヴォルティスサポーター“3つ”のスタイル

今年は徳島ヴォルティスがJ1に初チャレンジする。 昨年末に行われたJ2昇格プレーオフに進出

記事を読む

Bc43rADCcAAFEV6.jpg-large

コレオグラフィだけが大一番のサポートではないと証明したF・マリノスサポーター

コレオグラフィの成長 近年、Jリーグでサポーターが行うコレオグラフィのクオリティが上がっている

記事を読む

nishikawa chant

既存チャントと同じ原曲。浦和・西川周作のチャントがFC東京戦でデビュー!

今季、広島から浦和に加入した日本代表にも名を連ねるGK西川周作。ここまでリーグ戦全試合でスタメン出場

記事を読む

サイ・ゴダード

ハーフ(mixed)の選手の代表選出

    こんにちは! 欧州はシーズンが終わり、海外サッカーファンに

記事を読む

http://livedoor.blogimg.jp/zeileague/imgs/c/d/cd47ba3c.jpg

Jリーグと発煙筒・・・歴史とこれからの行く末。

サポーター関連の記事を書くサイトということもあり、当サイトで時たま触れるのが発煙筒。 その度に「J

記事を読む

前田デスゴール

前田の呪い健在!デスゴールの伝説は実は継続中!!!!浦和は降格のピンチ?

前田の呪い・・・デスゴール・・・。 巷でまことしやかに囁かれる噂がある。それは、「前田遼一がシ

記事を読む

aaa

正念場の浦和、今こそサポーターの力が必要な時

コンフェデレーションズカップによるJ1中断期間まで好調を維持していた浦和だが、中断明けチームに暗雲が

記事を読む

コメントしたり文句言ったり褒めてみたり

神戸コレオ
今週末のJリーグ。アウェイサポーターのコレオが凄いと言われて、見てみたら凄かった。

昨日、ガンバ大阪の藤春選手へのヴィッセルサポーターによるブーイングの記

藤春廣輝、神戸サポーターからブーイング。
神戸サポーター、リオ五輪オウンゴールの藤春廣輝に大ブーイングを浴びせ続ける

リオデジャネイロ五輪で、オーバーエイジとして出場したものの満足行く結果

中山雅史名言格言101
疲れてくると、『もういいか』と思う自分が出てくる。もう一方に『もういいかでいいのか』という自分がいる by中山雅史

疲れてくると、『もういいか』と思う自分が出てくる。もう一方に『もういい

中山雅史名言格言6
自分が4,5人ほしい。休まない自分と休む自分をくらべてみたい by中山雅史

自分が4,5人ほしい。休まない自分と休む自分をくらべてみたい &nb

中山雅史名言格言7
「ミスをしないために、言い訳をしないために、後悔しないために、チームが勝つために練習する」 中山雅史

「ミスをしないために、言い訳をしないために、後悔しないために、チームが

→もっと見る