Message from Sabadell

公開日: : 最終更新日:2014/01/28 スペイン, 海外サッカー , , ,


Message from Sabadell

 

サバデルイレブン

CEサバデル-。

スペイン・サバデルを本拠地としているスペイン2部リーグ(セグンダディビジオン)に所属するクラブ。クラブカラーは青と白、またサバデルはバルセロナの隣町である。

最後に1部リーグ(プリメーラディビジオン)に所属したのは25年前、その後は長い低迷期に入り、近年のほとんどを3部リーグ(セグンダB)で過ごしている。09-10シーズンにセグンダB優勝を果たし、久しぶりにセグンダディビジオンに復帰。

2011-12シーズンは19位に終わったものの、プリメーラからビジャレアルが降格した事に伴い、セグンダに所属していたビジャレアルB(セカンドチーム)がリーグ規定により強制降格の裁定を受け、難を逃れた。(同一リーグにトップチームとセカンドチームは共存できない)

 

Holligans Vallé 写真

サバデルというクラブを一言で表すと『弱小クラブ』。

 

そんな弱小クラブのオーナーは坂本圭介氏。通信業界をリードする敏腕経営者である。かつては指宿洋史選手が所属しており、なにかと日本とは縁が深いクラブである。

2013年6月27日にFC東京と業務提携を締結。同時に田邊草民選手のサバデルへの期限付き移籍が発表された。

サバデル契約(坂本オーナーと握手)-300x225

 『サバデルに加入した日本人選手について教えてほしい』

 

突然、私のもとにスペインからメッセージが届く。

サバデルに加入した日本人選手について教えて欲しいとのことだ。

僕は田邊選手の特徴がわからない。即座にツイッターで拡散した。

 

『田邊選手の特徴をスペイン語かもしくは英語でリプライ返信してください。』

 

すぐさま返事が返ってきた。

 

『素晴らしいセンスの持ち主であるが、しばしばミスを犯すことがある。』

『器用な両足、優れたドリブルセンスを持ち、様々なポジションでプレーできます。』

『戦術にしっかりフィットする、日本人らしい選手です。まだまだ成長途中の若い選手ですが、東京の宝です。』

 

これらはツイッターでご回答いただいた内容です。回答いただいた皆様、情報を拡散していただいた皆様ありがとうございました。この場で御礼を申し上げます。

なるほど、と頷き、すぐにスペインへメールを送った。

 

フットボールで世界が繋がっていくのは素晴らしい事だと思います。

 

そんな弱小クラブであるサバデルにも忘れる事ができない歓喜の瞬間がある。

87-88シーズンのカップ戦でレアルマドリーを破るという快挙を成し遂げている。地方の弱小クラブが世界的なビッグクラブを相手に演じたアップセットは未だにサバデルサポーターの中では語り草になっているようだ。

 

まずは久しぶりのプリメーラディビジオン昇格を勝ち取る事が今季の目標となる。今まで弱小といわれたクラブが、数年後にはチャンピオンズリーグの舞台を賑わせているかもしれない。日本とゆかりがあるこのクラブが躍進する事は、日本のフットボールにとっても大きな刺激になるであろう。

 

 『サバデルのファンシーンについて教えてほしい』

 

サバデルのホームスタジアムは『ノヴァ・クレウ・アルタ』。1992年のバルセロナオリンピックではサッカー競技の主会場として使用されたスタジアムである。収容人数は20000人の小さな街にあるサッカー場の原風景そのもの。スタジアムがサポーターで埋まる事はほとんどない、田舎町のスタジアムだ。

 

サバデルスタジアム写真

 

ここサバデルにもウルトラスが存在する。今回は代表的な二つのグループについて教えてもらった。

 

Holligans Vallé:彼らはアウェイ寄りのゴール裏に陣取る、50人以下の小さなグループである。彼らの特徴はグループ名にもあるように、より急進的な行動を信条としている。1993年に創設された。

 

Holligans Vallé2

La Grada Jove:ホーム寄りゴール裏に陣取る、サバデルを代表するウルトラス。メンバー数はおよそ500人といわれるが、いわゆるアクティブメンバー(積極的に関与するメンバー)は60人くらいといわれている。主に若い世代のメンバーが多い。

 

 

 『サバデルにはダービーマッチが存在するのか?』

 

サバデルにとっての真のダービーマッチは隣町タラサに本拠地を置く『テッラーサFC』とのゲームとなる。しかし、テッラーサFCは4部リーグ(テルセーラディビジオン)に属しているため、なかなか対戦する機会がないのが現状である。

同じセグンダディビジオンならやはりバルセロナBやジローナがダービーマッチと同等の位置づけとして盛り上がる。彼らとの戦いはカタロニアダービーと呼ばれている。日本においては、バルセロナとエスパニョールのダービーが有名であるが、ローカルダービーも規模は小さいながらも熱い戦いになる。

 

サバデルロゴ

テッサーラロゴ

ジローナロゴ

 

 

なお、僕らがやりとりをしたスペイン人ジャーナリストのジョアンはFC東京のポポヴィッチ監督に電話でインタビューを敢行することに成功した。(全編スペイン語)

http://programes.laxarxa.com/audio/59914

 

 

僕らがやろうとしている事はフットボールを介して世界を繋げる事、世界の舞台で活躍する日本代表とは異なり、意外なほど知られていない日本のフットボール文化を世界に発信し、そして世界のフットボール文化を日本に伝える事。インターネットを開けばすぐに情報は手に入る。僕らもインターネットは利用する。しかし、フットボールが持つ真の熱い部分はスタジアムでしか感じる事ができない。

 

 

Local Football Japan.net(@localfootball_j)

Mail: info@localfootball-jp.net

Web: http://www.localfootball-jp.net/

Shop: http://localfootball.shop-pro.jp/


関連記事

ミランウルトラス

いよいよ次節登場!?サンシーロに鳴り響く「本田チャント」が完成!?!?ミラニスタから独自情報をゲット。

  俺らの宝!その左で!さあ決めろ本田Alez!!! これは名古屋グランパス時

記事を読む

dor1

チケットの値段にNO!ドルトムントのウルトラスが観戦ボイコット→セカンドチームの応援に大挙して訪れる

現地時間3月29日に行われたブンデスリーガ第28節、アウェイのシュツットガルト戦において、ドルトムン

記事を読む

atalanta-juve_1

ウルトラスとフーリガン。

  ウルトラスとフーリガン。 フットボールシーンに必ずといって登場して

記事を読む

spurs

采配に文句を言い続けたスパーズサポ、ついに監督からベンチ入りを許される

「なんであの選手がスタメンじゃないんだ!」「交代が遅すぎる!」常日頃、愛する我がクラブを応援するみな

記事を読む

ozil

アーセナル、レアル・マドリーMFエジル獲得へ動く

補強が思うように進んでいないアーセナルだが、レアル・マドリーのメスト・エジル獲得に向けて動いているよ

記事を読む

uefa cl draw

欧州CLグループリーグ組み合わせ

欧州チャンピオンズリーグ13/14のグループリーグ組み合わせ抽選が行われ、以下のように決定した。

記事を読む

iamunited

マンチェスター・ユナイテッド、サポーターイベントを東京で開催!あのレジェンドも来日予定

マンチェスター・ユナイテッドが世界各国で行っているサポーターイベント、「#IAMUNITED

記事を読む

shinji new chant

セレッソからマンUまで!香川真司歴代チャントまとめ

セレッソの象徴8番を背負い、ドルトムントでチームを2連覇に導き、日本代表で10番を背負うとマンチェス

記事を読む

shinji mom

香川真司がMan of the Match、モイーズ監督「シンジのベストゲーム」 – UCLソシエダ戦

マンチェスター・ユナイテッドは現地時間23日、欧州チャンピオンズリーグのグループステージ第3戦でレア

記事を読む

eriksen

トッテナム、アヤックスからエリクセンを獲得

トッテナム・ホットスパーは現地時間30日夜、アヤックスからデンマーク代表MFクリスティアン・エリクセ

記事を読む

コメントしたり文句言ったり褒めてみたり

神戸コレオ
今週末のJリーグ。アウェイサポーターのコレオが凄いと言われて、見てみたら凄かった。

昨日、ガンバ大阪の藤春選手へのヴィッセルサポーターによるブーイングの記

藤春廣輝、神戸サポーターからブーイング。
神戸サポーター、リオ五輪オウンゴールの藤春廣輝に大ブーイングを浴びせ続ける

リオデジャネイロ五輪で、オーバーエイジとして出場したものの満足行く結果

中山雅史名言格言101
疲れてくると、『もういいか』と思う自分が出てくる。もう一方に『もういいかでいいのか』という自分がいる by中山雅史

疲れてくると、『もういいか』と思う自分が出てくる。もう一方に『もういい

中山雅史名言格言6
自分が4,5人ほしい。休まない自分と休む自分をくらべてみたい by中山雅史

自分が4,5人ほしい。休まない自分と休む自分をくらべてみたい &nb

中山雅史名言格言7
「ミスをしないために、言い訳をしないために、後悔しないために、チームが勝つために練習する」 中山雅史

「ミスをしないために、言い訳をしないために、後悔しないために、チームが

→もっと見る