J20年。僕らのサッカーは何が変わってどう成長したのか。

公開日: : 最終更新日:2013/07/20 国内サッカー , , , ,



verudexi
Jリーグが始まって20年経つ。

 

誰もがマイヤーのゴールに衝撃を受け、ジーコの華麗なプレーに憧れた。

 

時代を彩るスター達に囲まれ走り出したJリーグは、日本中をサッカーの虜にした。

 

20周年を迎えた今、日本サッカーは何が変わったのだろうか。

 

誰もが憧れたマンチェスターユナイテッドで優勝トロフィーを掲げる選手が生まれ、全く日の目に出なかった女子サッカーは。なでしこJAPANと認知されワールドカップを制覇し国民栄誉賞を受賞した。

 

一歩一歩確実に世界との距離を詰めていく日本のサッカーについて2つの観点から勝手ながら考えてみたい。

 

(1)   育成システムの進化

 

現在、プロサッカー選手を目指す子供たちの環境は大きく変化した。

情熱と確かな経験を持つ指導者が子供たちに経験を伝え、本気で子供たちが夢を叶えるための手助けをしている。

 

プリンスリーグや高円宮杯などレベルの高いリーグやカップ戦も創設され、少しでも多くボールに触れるために、以前からトレセンで取り入れられていた8人制のサッカーが小学生のカテゴリーでは本格的に導入された。

 

この8人制というのは非常に難しい。

 

基本的にはGK1枚DF2枚MF3枚FW2枚でプレーするチームが多い。

 

だが実際のところ広大なスペースを埋めることに追われ、形などにとわれている場合ではない。

 

この人数では守備時にスペースを埋め切る事が出来ないために、オーバーラップによって確実に攻撃で数的優位を作ることが出来る。

 

逆に、サイドを攻略されるリスクも11人制より高くなり、そこでボールを失ってしまうと確実にピンチを作られる。

 

だからといってサイドばっかりに気を取られるわけにはいかない。

 

個々がボールを保持しなければいけない時間が確実に増え、チャンスとピンチの連続をくりかえすことで子供たちの確かな技術とゲームの流れを読む力が鍛えられる。

 

このように、11人制とは違ったメリットも非常に多いのが8人制の特徴である。

 

しかしながら、個人的にはデメリットの方が大きいのではないかと感じる。

 

というのもサッカーは、やはり11人で闘うスポーツだからだ。

 

11人で闘うということは、考えている以上に大切な事ではないだろうか。

 

パスを受けるための正しいポジションを理解すること、カバーの感覚や突破力といった個々のストロングポイントは、11人制で子供の頃に養うことが大切だと思う。

 

小学生のカテゴリーでは、一人の選手を止めるためにマンツーマンで一人ぴったりマークを付けることは決して珍しいことではない。

 

当然、一人で止められなければ2人、3人と増える。

 

海外で活躍する香川や宇佐美のようなドリブルに強烈なストロングポイントを持つ選手というのは、一人でそうした状況を打開して成長したはずだ。

 

攻守の切り替えが激しい8人制の試合を主要にするよりかは、近年充実してきたフットサルを練習に積極的に取り入れながら、基本的な技術の向上と攻守の切り替えのスピードを上げることを目指す方が有効だ。

 

サッカーで重要になってくるバイタルエリアの攻略、前を向く難しさ、トップにボールを当てる感覚、サッカーというスポーツの重要なポイントが犠牲になっているのではないだろうか。

 

 

 

 

 

(2)   トレンドの変化

 

各国から来た外国人助っ人は口を揃えていった。

 

Jリーグは組織力が高いと。

 

しかしその組織力とは、あくまでも組織的な守備という観点だった。

 

こと攻撃に関しては、シンプルなボールを突破力のあるブラジル人に向かってシンプルに入れるというチームが非常に多かった。

 

そんなJリーグに一石を投じた監督がいる

 

イビチャオシム

 

日本サッカー界の発展に貢献した外国人は数多くいるが、現在のJリーグに大きな影響を与えた功労者の一人として、彼の存在はとても大きい。

 

圧倒的な運動量の選手が連動してサイド、そしてバイタルエリアを崩してゴールを陥れるサッカーは現在の日本のサッカーのトレンドだ。

 

日本人に向いたサッカーとは何かという一つの案を提示した彼の功績は大きい。

 

また、彼の指導を経験した監督の中には、旧ユーゴスラビアでW杯ベスト8という成績を残したストイコビッチ、そしてサンフレッチェ旋風を巻き起こし、現在魅力的なサッカーをする浦和を率いるペトロビッチ監督がいる。

 

チームに存在する選手によって、サッカーのスタイルは異なるかもしれないが、受けた影響は小さくない。

 

オシムの言葉には選手の心を変える力があった。

 

考えて走れ

 

ただ走ればいいわけではない。オシムのサッカー哲学だ。

 

「走らなければならないときに走る。ボールを失えば、チームのバランスを取り戻すために走る。『走る』には、責任のあるプレーをしろというメッセージが込められていた。」

 

全てはチームの勝利のために求められた肉体的・精神的な強さから生まれる責任感は、高い技術を持つJリーガーの能力を活かし、次のステージに進むために不可欠なことだった。

 

ピクシーの愛称で親しまれ、世界で活躍したファンタジスタであるストイコビッチは自らの体験を踏まえて語る。

 

考えて走ることによって、高い技術を持った選手は進化すると。

 

肉体強化が強い精神力と心の余裕を生み、技術や創造力をさらに高める。

 

体力・責任感・自由心を一体化させるオシム氏の指導法は、そんな日本代表の長年の課題も解決し、体格で世界に劣る日本が圧倒的なシンキングスピードを活かしたサッカーで世界を翻弄するために必要なものを伝え、日本サッカーの成長を格段に速めた。

 

現在、Jリーグから日本人らしいサッカーを武器に世界で活躍する選手が増えた。

彼らが活躍する姿を見ると、ワクワクが止まらない。

 

まだJリーグが始まって20年だ。

 

これからどういう風に成長するのだろうか。

 

それぞれの夢を乗せたJリーグは歩みを止めない。

 

 記事/yoshitake @yoshi_take



関連記事

urawakorokikashima

「広島だったら行かなかった。サポーターが違うから」浦和・興梠、インタビューで明かす

1月31日、埼玉県のローカル局の浦和レッズ応援番組「REDS TV GGR」でインタビューに答えた浦

記事を読む

aaa

正念場の浦和、今こそサポーターの力が必要な時

コンフェデレーションズカップによるJ1中断期間まで好調を維持していた浦和だが、中断明けチームに暗雲が

記事を読む

中村俊輔ガッツポーズ

“俺達は俊輔と優勝したい”。硬派・マリノスサポーターの想いに応えた中村俊輔。

横浜F・マリノスのサポーターは非常にプライドが高い。 自分たちがJリーグを代表する「名門」であると

記事を読む

サイ・ゴダード

ハーフ(mixed)の選手の代表選出

    こんにちは! 欧州はシーズンが終わり、海外サッカーファンに

記事を読む

おもてなし東京

今夏最大のヒットチャント、FC東京の「サマーライオン」は中毒者続出。

今年も多くのチャント(応援歌)がJリーグで誕生した。 チームを鼓舞するアツいチャント、選手の個

記事を読む

ヴァリエンテ富山

ヴァリエンテ富山サポーター?が、今シーズンの発煙筒使用を示唆。

北信越リーグ・ヴァリエンテ富山のサポーターと思われる人物が今月24日、YouTube上にて2

記事を読む

IMG_1189

FC東京、後半開始早々のルパンも鳥栖サポの雰囲気に勝てず

ベストアメニティスタジアムで行われた、Jリーグ第9節のサガン鳥栖vsFC東京。 東京から大挙し

記事を読む

栗原勇蔵中澤佑二

W杯全試合で守備の要を務めてきた、センターバックのヨコハマ・ブランド。

  F・マリノスは伝統的に高い守備力を誇るチームである。 J開幕以来、

記事を読む

08040601

まさに妖精!中高生に伝えたいピクシー神業スーパープレーまとめ。

  名古屋のストイコビッチ監督が、今季限りで名古屋グランパスを退任することが

記事を読む

yamaga

大挙してアウェイに乗り込み、「味スタジャック」した松本山雅サポはJトップクラス!

2日に2014シーズンのJ2が開幕した。今年から下部カテゴリーとしてJ3も発足し、昇格争いに続き下か

記事を読む

コメントしたり文句言ったり褒めてみたり

神戸コレオ
今週末のJリーグ。アウェイサポーターのコレオが凄いと言われて、見てみたら凄かった。

昨日、ガンバ大阪の藤春選手へのヴィッセルサポーターによるブーイングの記

藤春廣輝、神戸サポーターからブーイング。
神戸サポーター、リオ五輪オウンゴールの藤春廣輝に大ブーイングを浴びせ続ける

リオデジャネイロ五輪で、オーバーエイジとして出場したものの満足行く結果

中山雅史名言格言101
疲れてくると、『もういいか』と思う自分が出てくる。もう一方に『もういいかでいいのか』という自分がいる by中山雅史

疲れてくると、『もういいか』と思う自分が出てくる。もう一方に『もういい

中山雅史名言格言6
自分が4,5人ほしい。休まない自分と休む自分をくらべてみたい by中山雅史

自分が4,5人ほしい。休まない自分と休む自分をくらべてみたい &nb

中山雅史名言格言7
「ミスをしないために、言い訳をしないために、後悔しないために、チームが勝つために練習する」 中山雅史

「ミスをしないために、言い訳をしないために、後悔しないために、チームが

→もっと見る