銀行の融資が断られた?そんな時はビジネスローンを考えてみよう

中小企業の経営者の皆さん、個人事業主の皆さん、銀行に融資が断られてこの先真っ暗、、なんて方はいらっしゃらないでしょうか。

そんな方達のために、ビジネスローンについて紹介します。

一言で言うと、ビジネスローンは即日の資金調達が可能で、金利が多少高いかもしれませんが利便性についてはとても良い金融商品なんです。

資金調達できる方法はたくさんありますが、即日で資金調達できるのはビジネスローンとファクタリングくらいでしょう。

ファクタリングは最近日本でも良く知られるようになった資金調達手段であり、売掛金を担保に現金を手に入れるものです。ファクタリングについては、売掛金.com等で詳しく紹介されていますのでそちらをご参考に。

ビジネスローンの基礎知識

ビジネスローンは一般的に投資や事業資金への運用が禁止されているカードローンとは違います。

ホームセンターやスーパーでカード受付コーナがあり、そこで作れるあればカードローンです。

あまり知られていませんが実はあれはビジネス用途には使用する事ができず、個人用途の買い物にしか使えません。

一方で、ビジネス用途に使えるカードローンがあります。

それがビジネスローンと呼ばれるものです。

逆に、ビジネスローンは一般の人は登録できず、経営者や個人事業主など、ビジネスを展開している人のみです。

ノンバンクについて

事業的な融資は銀行でも主業務なのでもちろん取り扱っていますが、それ以外の金融業者でもこのビジネスローンを取り扱っている会社はあります。

それを俗にノンバンクという事があります。

銀行以外という意味で、なんか銀行を中心とした響きがあるので自分はこの呼び方は嫌いですが、、

ただ、銀行じゃないところが提供知ているサービスというだけで、決して怪しいものではありません。

一言で言うと、ノンバンクは銀行と公的融資と呼ばれる、政府や自治体が提供する金融商品の中間に位置すると思っていただければ良いです。

現在では、業者間の競争が日に日に激しくなっており、低金利をどんどんアピールする会社も増えて、ユーザにとっってはますます利便性が高まってきています。

逆に言えば、今はビジネスローンを利用するチャンスとも言えるでしょう。

ノンバンクは敬遠しなくても良い

ノンバンクと聞くと、あまりいいイメージを抱かないと言う方も多いのではないでしょうか。

それも無理はありません。

2000年前後には大きな不況により、多くの中小企業が経営難に陥り、ノンバンクに流れ込みました。

当時はノンバンクの中に多くの悪失業者が蔓延っており、実際に被害にあった方も多いのが事実です。

結果として、多くの経営者が自殺に追い込まれたり、取り立てで苦しむ生活を余儀なくされました。

しかし今は、当時の教訓を活かし、金融庁が本気になってそういった悪失業者の違法な取立てなどを法律で罰するようになりました。

そしてその悪失業者の数は激減したと言っても良いでしょう。

そしてその一方で、ノンバンクの中でもちゃんと真面目に経営し、銀行系ではないだけで、本当に質の良いサービスを提供してくれる会社も多く存在するようになりました。

その代表的なのが日本保証やビジネクストなどといった会社です。

これらは本当に質がよくてサービスも提供してくれていますので、困った時はまずこれらに頼ってみてはいかがでしょうか?

ノンバンク系の基本まとめ

金融業者の違法なところは年々、淘汰されています。

今はネットが一般的に普及するようになっているため、真面目にやってない、違法な業者は簡単にネットで口コミが広がり、消費者つまりユーザが流れなくなりました。

つまりは、真面目にやってないとビジネスとして成り立たなくなったのです。

これは近年、グーグル検索でも違法なやり方でランキングを上げるサイトが多いのにも状況が似ているのかもしれません。

何事も、真面目が損をする時代では嫌なので各社、工夫してそう言う状況にならないように頑張っています。

と言う事で、なるべく気をつけつつも、そういった違法業者は減ってきているので神経質になりすぎる必要はないと言う事は覚えておきましょう。